ネイティブに「なんだと?」とキレられないために! あの“禁断の英単語”を使った英会話本

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月26日 5時50分

写真

『正しいFUCKの使い方 学校では教えてくれない、取扱注意のFuck、Shit、Damn、Hellを使った99フレーズ』(英語表現研究会:著、MADSAKI:監修、NAIJEL GRAPH:イラスト/トランスワールドジャパン)

 アメリカ映画などでよく耳にする単語「Fuck」。その単語の映画での使用最高記録は、レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』だそうで、なんと506回も使われているという。しかしこの単語、アメリカの地上波のテレビやラジオではNGワードで、その発言部分にはピー音が入る。英語のネイティブにとっては口にすること自体が下品な単語であり、代わりに「F Word」と言われたりするくらいで(Don’t use the F word.…Fワードを使わないで、などと言われる)、どれだけ「使ってはいけない禁断の英単語」であるかがわかるだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 しかしこの英単語、日本では結構軽々しく使われているように思う。先日も道を歩いていたら、50歳前後の少々くたびれたおじさんがデカデカとドクロの絵が描かれたTシャツを着ていて、それだけでもビビったのに、その横に「Fuck The Fuckin’ Fuckers!!!」と書かれていて腰を抜かしそうになった(たぶん息子さんのお下がりだろう)。こんなこと、外国人に言ったら確実にぶっ飛ばされます。それから、よく若い人がイキがって意味もわからず中指を立てたりしますけど、あれも「F Word」と同じ意味になるのでやめたほうがいいです。ちなみにイギリスではピースサインを作って手の甲を相手に向けると、相手を侮辱する意味になりますので気をつけて!(結構このポーズで写真撮ってる人、多いです)

 そんな話をしていたところ、「中指を立てて“Fuck You”と外国人に言うと仲良くなれる」というとんでもないウソを信じ、のどかな地方都市で見ず知らずの外国人に向かって、歩道橋の上から楽しげに「Fuck You~~~!」と中指を立ててしまった、というエピソードを持つ猛者がいたのだ! その言葉を聞いた外国人は顔を真っ赤にして怒り狂い、もの凄い勢いで追いかけてきたそうで、その人は必死に逃げまわり、最終的に交番に駆け込んで事情を説明、事なきを得たという。

 そのくらい相手が怒る言葉であり、言ったらイケナイのはわかる。しかしどのくらい卑猥な俗語なのか、はたまたどれほど相手を侮辱する意味があるのかは、英語を話せない日本人にはわかりづらい。とはいっても「英会話教室や試験には出ないけど、確実に頻出の英単語」であることは間違いないから意味を知りたい…そんな人には、この言葉がどう使われるのかを解説しているちょっと変わった英会話本『正しいFUCKの使い方』(MADSAKI:監修/トランスワールドジャパン)をオススメしたい。Fuckを始め、Shit、Crap、Damn、Hellの使い方があり、もともとの意味や語源などの解説、単語を使用した99のフレーズ、日本語訳、その言葉を使う際のポイント、代わりのスタンダードな用法、どのように会話で使用するのかの例文とイラストが載っている。またCDが付属しているので発音もマスターできるのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング