プライドが高く迷惑な人と出会ったときのパターン別対処法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月6日 12時0分

写真

『プライドが高くて迷惑な人』(片田珠美/PHP研究所)

 自分の間違いを認めない。人の意見には必ず反論する。迷惑をかけても謝らない。いつも自分が一番であり、自分中心でなければ気が済まない人。そんなプライドの高い人は多い。

関連情報を含む記事はこちら

 プライドも良い方向に働けば、自分に自信を持つ芯のある人と捉えられるが、悪い方に働くと他人の気持ちも顧みない迷惑な人でしかない。そういった人と出会うと次第に関わるのが面倒になり、最後にはその人に近づかないようにしてしまう。しかし、職場の人間や家族のように毎日関わらなければいけないとしたら…考えただけでウンザリするだろう。

 『プライドが高くて迷惑な人』(片田珠美/PHP研究所)ではプライドが高く迷惑な人が生まれるメカニズムや、出会った時の対処法が書かれている。パターン別対処法の一部をご紹介しよう。

■平気で他人の話に割り込む人への対処法
 平気で人の話に割り込む人は多い。話に割り込んだ上に自分の話ばかりで嫌になった経験を持つ人も多いのではないだろうか。著者の片田氏は「平気で人の話に割り込むのは、自分を認めてほしいからにほかならない」と言う。小さいころに親から話を聞いてもらえなかった、妻が愚痴ばかりを言って家で話すことができない。など、さまざまな理由が考えられる。

 いずれにせよ、本人は自分の話を誰かに聞いてほしいという欲望を抱いている。それを考慮に入れ、少なくとも話を聞いているフリだけでもしたほうが良い。ちゃんと聞いていることを伝えたうえで「わかりました。あなたがおっしゃりたいのは、~ということですね」と要約するのも一つの手だ。

 しかし、それでも延々としゃべり続ける場合も多いだろう。その際は、まず視線を反らす。すると相手も自分に興味がないと気づく。話が途切れたら割り込まれる前の話に戻すなどしてあなたの話は聞きたくないということをさりげなく伝える。

 また、会議などでは「~時までに終わらせないといけないので手短にお願いします」など脱線している時間はないということを丁寧に伝えたほうが良い。

■批判ばかりする人への対処法
 なにかにつけて批判ばかりする人がいる。建設的な批判ならいいが、ただ相手の価値を否定するためだけに批判する人もプライドの高い人には多い。意地悪な批判をされた場合はカッとなってしまう場合も多いだろう。

 しかし、そこで反応するのは避けるべきだ。片田氏は「まず、気持ちを落ち着かせるためにも、相手の批判をポジティブに受け止めよう」と言う。批判された内容によっては、自分が考えていなかったような問題点や欠点に気づくかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング