「離婚」を考えない妻なんていない!? リアル妻たちのぶっちゃけ座談会(後編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月8日 5時50分

写真

『離婚してもいいですか?』(野原広子 KADOKAWA メディアファクトリー)

 離婚願望が堂々めぐりする主婦の気持ちを描いた『離婚してもいいですか?』。女たちから賛否両論が寄せられるこの本を巡って、リアル妻たちが結婚生活の本音を語る座談会が開かれた。当たり前のように「離婚」を考えると語る妻たちに気圧され、独身代表D子が素朴な疑問で切り込むと、さらにぶっちゃけトークは加速してーー。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

<座談会出席者>
【妻A美】 結婚13年目で小1の息子あり。会社員の夫が家事全般を担当し、妻の長期出張も可能な逆転夫婦。夫は子煩悩なタイプだが若干キレやすく、いつの間にかイライラをためて逆噴射することがある。
【妻B子】 結婚8年目で4歳の息子あり。自宅を仕事場とするクリエイティブ職の夫は、極めてのんびり派でマイペース。洗濯機や電子レンジの使い方もいまいちと、ひとりでは何もできないタイプ。
【妻C絵】 結婚9年目で6歳と3歳の息子あり。脱サラして独立した夫は「これ!」と決めたらつっぱしるタイプで、大胆な決意表明に驚かされることしばしば。7歳年下でもあり、大抵は許してしまう。


■独女、リアル妻たちに一撃くらう

【独身代表D子】 私は読んでいて、主人公・志保に全然共感できなかったんです。なんでもっと早い段階で夫と話し合ったりしないんだろうとか。なんで、その一言が言えないの? とか思って、すごくもやもやしたんです。

【妻A美】なんかドキっとする意見ですね。話し合う時間ですか……ないね(笑)。

【妻C絵】ないね。

【妻B子】今や話し合おうという気力もない(笑)。

【妻C絵】そういう場面が訪れないし、すれ違いの生活の中で、時間を作るのも難しい。

【妻B子】私は言いたいことがあると、夫が寝た後に長文の手紙を書くことにしてます。で、夫が起きたら一番に行くであろうリビングの机の上に置いておく。

【妻A美】なるほどねー。そういう手もありますね。独身の方には、信じられないかもしれないけど、そもそも話し合う時間がないんですよ。

【独身代表D子】 最初からなんですか?

【妻A美】いやいや、新婚当初はべったべたでしたよ。それこそ絡み合うような毎日。

【一同】(爆笑)

【妻C絵】うちも仲良しでしたよ。じゃないと、そもそも結婚しないし。


■産後、夫婦関係に変化が訪れる

【独身代表D子】 それがどこから変わるんですか?

【妻A美】出産してからかなあ。

【妻B子】そうかもしれない。出産してから半年くらいの間は、本当に子供のことしか見てないですからね。それが母性なんだろうけど。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング