「離婚」を考えない妻なんていない!? リアル妻たちのぶっちゃけ座談会(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月8日 5時50分

写真

『離婚してもいいですか?』(野原広子 KADOKAWA メディアファクトリー)

 結婚9年目、2児の母である主婦が、つぶやくように結婚生活の暗部を語る『離婚してもいいですか?』。タイトル通りの不穏な思いを、日々の生活で淡々と募らせていく主人公・志保の姿に、今、多くの女性たちから賛否両論、様々な想いが寄せられている。実際、いまどきの妻たちの「離婚」をめぐる本音はどんなものなのか? 妻たちのリアルを探るべく、ダ・ヴィンチニュースでは、問題の本を題材にワーキングマザー3人衆によるぶっちゃけ座談会を開いてみた。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

<座談会出席者>
【妻A美】 結婚13年目で小1の息子あり。会社員の夫が家事全般を担当し、妻の長期出張も可能な逆転夫婦。夫は子煩悩なタイプだが若干キレやすく、いつの間にかイライラをためて逆噴射することがある。
【妻B子】 結婚8年目で4歳の息子あり。自宅を仕事場とするクリエイティブ職の夫は、極めてのんびり派でマイペース。洗濯機や電子レンジの使い方もいまいちと、ひとりでは何もできないタイプ。
【妻C絵】 結婚9年目で6歳と3歳の息子あり。脱サラして独立した夫は「これ!」と決めたらつっぱしるタイプで、大胆な決意表明に驚かされることしばしば。7歳年下でもあり、大抵は許してしまう。


■『離婚してもいいですか?』を読んでみて

【妻A美】いやーこの読後感の悪さはピカイチですね。

【妻B子】重かったですね。最近、なるべく後味の悪い本は避けていたのに、久々にやられました。

【妻C絵】身につまされるというか……表紙のほのぼのタッチにすっかりダマされましたね。

【妻B子】そうそう、表紙ずるいよね。だって心理描写はホラーだもん(笑)。でも、正直なところ、主人公の志保には9割方共感しましたね。「私も一緒だよ」って思ったし、この作品を読むことで「こういう思いをしているのは、自分だけじゃない」って救われるような人もいると思う。ただ、最後までずるずる離婚するかどうか悩み続ける姿には「辛かったらさっさと別れればいいのに」とも思いました。主人公の場合はパートだから収入が不安だろうし、子供も2人いるしで踏み切れないんだろうけど。

【妻A美】こういうジレンマに陥っている人、案外多いのかもしれない。パートだと経済的に独立できるほどの収入はないし、仕事を押さえている分時間に余裕があるから主婦業もかっちりやらされるし。

【妻C絵】で、やってないと夫や世間に批判されちゃうから、このスタイルは一番しんどいという。実際には短い時間でも働くと疲れるし、その上にままならない子育てもあるしで 、救いのない中どんどんネガティブになってく感じなんでしょうね。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング