「アニメにしたかった物語」 舞城王太郎コメント全文掲載! 

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月11日 12時10分

写真

「龍の歯医者」キービジュアル 2014 舞城王太郎/nihon animator mihonichi' LLP.

 ドワンゴ、カラーの日本アニメーションの可能性を探る共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」において、2014年11月7日(金)より、第1弾作品「龍の歯医者」(監督:舞城王太郎、アニメーション監督:鶴巻和哉)が公開されている。

関連情報を含む記事はこちら

 公開を記念して11月10日(月)22時から「ニコニコ生放送」で特別番組が放送された。番組では、鶴巻和哉氏、亀田祥倫氏、氷川竜介氏(アニメ特撮研究家)などを迎え、それぞれが作品に込めた思いなどを語った。番組内では原案、脚本、監督を務めた小説家・舞城王太郎氏のコメントも発表された。ここでその全文を紹介しよう。

<舞城王太郎監督 コメント全文>

 アニメーション業界では初めまして。舞城王太郎と申します。物語の受け取り方について、読者、視聴者、観客の方々の解釈を限定したくない、狭めたくない、独自性を確保したいという気持ちから姿も声もできるだけ出さずにお仕事をさせていただいています。とは言えせっかくのイベントに参加せずにすみません。失礼をお許しください。

 小説、マンガ、実写映画やドラマ、そしてアニメなど、物語にはいろんな表現の方法があって、それぞれに、それじゃないと踏み込めない領域や、見せられない情景や、獲得できないリズムや、飛び込めない世界観というものがあるんじゃないかと考えています。言い換えればそれぞれにそれぞれの味があります。同じ物語でも表現によって味わいの違いが生まれ、上手くいけば膨らみと深みと喜びと楽しみを大きくするはずだと思います。

 今回参加させていただいた『龍の歯医者』は是非ともアニメにしたかった物語です。その気持ちの詳細をここで語るのは、そもそも皆さんの前に出てこない理由を台無しにするのでやめますが、ご覧になっていただければご理解いただけるんじゃないかと思います。

 や~~~、と、くだけた口調で申し上げますが、表現方法の選択で、実際的に異なるのは単純にそこに関わる人数と時間で、小説なら一人、マンガなら一人から数人、実写映画やドラマなら登場人物分の役者と必要な分のスタッフが関わりますが、アニメは登場人物の一挙手一投足にたくさんの描き手が必要です。登場人物がヨッと手を挙げる動作なら、小説ではそう書くだけ、マンガなら一コマ、実写なら役者とスタッフ揃ってもらって数時間仕事、アニメは絵コンテ描いてレイアウト決めて原画を描いて動画を描いてそれをチェックしてひょっとしたら直して色塗って背景塗って重ねて撮影して何かの失敗や不具合が出たらリテイク取って撮影し直し、という過程にいろんなスタッフが関わり続けます。大変です。た~~~~~~いへんです。いやもうホント、小説でなら「よっ、」のひと言なのに。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング