【ランキング】あなたが思う「最強のジャンプマンガ」は? 強豪ひしめく中、第1位はやはり…!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月13日 11時40分

写真

『ドラゴンボール』(鳥山 明/集英社)

 昨今では多くのマンガ誌が存在し、年代や性別、好みによってそれらを取捨選択するでしょう。しかしその全員がその存在を知っているといっても過言ではない、『週刊少年ジャンプ』。学校でも毎週の話題のひとつになっているのではないでしょうか。そこで、ダ・ヴィンチニュースは、サイバーエージェント社運営のゆる~いQ&Aコミュニティ「Tell me」でアンケートを実施。「あなたが思う最強ジャンプマンガ」は? 上位20位を紹介します。

関連情報を含む記事はこちら

■1位 『ドラゴンボール』(鳥山 明)
■2位 『ワンピース』(尾田栄一郎)
■3位 『銀魂』(空知英秋)
■4位 『スラムダンク』(井上雄彦)
■5位 『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)
■6位 『キャプテン翼』(高橋陽一)
■7位 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本 治)
■8位 『北斗の拳』(武論尊:著、原 哲夫:画)
■9位 『NARUTO』(岸本斉史)
■10位 『聖闘士星矢』(車田正美)
■11位 『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)
■12位 『黒子のバスケ』(藤巻忠俊)
■13位 『るろうに剣心』(和月伸宏)
■14位 『ヒカルの碁』(小畑 健) 
■15位 『DEATH NOTE』(小畑 健:著、大場つぐみ:原著)
■16位 『BLEACH』(久保帯人)
■17位 『家庭教師ヒットマンREBORN!』(天野 明)
■18位 『ハイキュー』(古舘春一)
■19位 『シティーハンター』(北条司)
■20位 『To LOVEる-とらぶる-』(矢吹健太朗:著、長谷見沙貴:原著)

 いかがだったでしょうか。アンケートに答えてくれた方の年代にもよるのでしょうが、すでに完結された作品が多数上位に入りました。また様々な原作の先生と共にマンガを書かれている小畑健作品の人気が高く、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』『人形草紙あやつり左近』と票が割れる結果となりました。

 30代の筆者としては、週刊少年ジャンプから『ドラゴンボール』と『幽遊白書』と『スラムダンク』の連載が終わる時のジャンプのその後を勝手ながら心配したものですが、気がつけばこの年になるまで読み続けているということは変わらぬ魅力を持つマンガが掲載されている証明なのでしょう。

 正直、面白いマンガが多く甲乙などつけにくいのですが、筆者の思う「最強ジャンプマンガ」として『サムライうさぎ』に1票です! 多数ある名作の中、恋人になっていく恋愛を描くものは多かったものの『サムライうさぎ』は主人公に妻がおり、その妻のため一身に立派な夫になることを目指す実直すぎる主人公に心打たれたものでした。

 世代に合わせて名作を生み続けるジャンプマンガ。あなたの最強ジャンプマンガは何でしょうか?

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング