娘を奪われた母親の救いなき人生、その先には? 『グッドナイト』が描く、新しい「母と子」の物語

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月13日 11時40分

写真

『グッドナイト』(南Q太/祥伝社)

 漫画や小説、ドラマに映画など、世の中にはさまざまなフィクションがあふれているが、そのなかでたびたびモチーフとして扱われるのが「母と子」の関係ではないだろうか。ここ数年では、“誘拐”をテーマに血の繋がらない母と子の絆を描いたドラマ『MOTHER』や、映画にもなった小説『八日目の蝉』(角田光代/中央公論新社)などが記憶に新しい。また、子を支配する「毒母」を描いたエッセイ本なども、最近数多く出版されている。

関連情報を含む記事はこちら

 このたび登場したマンガ『グッドナイト』(南Q太/祥伝社)も、母と子の関係を描いた作品。ただし、ここに描かれているのは、あまりにもツラい物語だ…。

 主人公は、ちょっとくたびれた感が漂う主婦の晴子。この晴子の「嫁」としての人生は、両手を挙げて幸福と言えるようなものではない。「昔ながらの」という形容がしっくりくる姑は、ことあるごとに晴子に冷たくあたったのだ。父親がいない晴子が結婚前の挨拶に訪れた際には、「うちの息子はどんな方でも嫁にもらえるのに」と吐き捨て、結婚してからは奴隷のような扱いを強いた。それでも健気に頑張る晴子に訪れたのは、「妊娠」という幸せ。どんなにツラいことも、子どもさえいれば乗り切れる――。晴子はきっとそう思ったことだろう。

 ところが、幼い我が子を抱く晴子の幸せは、長くは続かない。あるとき、産んだばかりの娘を義姉のもとに養子に出すことを強制されてしまうのだ。泣き叫ぶ晴子に誰も救いの手を差し伸べたりはしない。姑は「あんたはこれからどんどん産んだらいい。寿子(義姉)のとこはもう子どもができないんだからくれてやれ」と言い、夫・和雄も「晴子、ここはお前がこらえてくれ」と言い出す始末。その瞬間からだろう、晴子の瞳が死んだ魚の目のようになってしまったのは。

 それから何年も経ち、晴子は「諦め」というものを覚えてしまう。あれだけ執拗に怒鳴り散らしてきた姑は痴呆が進行してしまい、いまでは晴子の方が毎日怒鳴っている。自宅には、和雄の不倫相手だという女性から「別れてくれ」という電話が入る。義姉の横暴さは相変わらずで、わがままのし放題。2番目に産まれた息子・和希は、日に日に顔つきが姑そっくりに成長してゆき、うまく愛することができない。肝心の娘・まほは、寿子を母と慕い、晴子には目も向けない。いくら時が流れても、晴子を取り巻く現実は冷たいままだ。いつしか晴子は精神的に病んでしまい、医者から薬を処方されるようになる。そこで晴子は、自身に問いかけるように「こんなに薬を飲んでて大丈夫なんでしょうか…」と呟く。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング