『ハナヤマタ』のなる役などを演じる「上田麗奈」インタビュー&ミニグラビア

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月14日 18時30分

写真

『ハナヤマタ』の魅力や思い出を語った新人声優の上田麗奈

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。

【写真、動画あり】撮り下ろしのオリジナルグラビア(6枚)はこちら!

 第38回となる今回は、TVアニメ『ハナヤマタ』の関谷なる役などを演じる上田麗奈さんです。

――『ハナヤマタ』の“なる”役が決まったときはどんな気持ちでしたか?

上田:オーディションで決まったときは、「あ、なるちゃんともっと一緒にいられるんだな」と思いました。『ハナヤマタ』のオーディションって、掛け合いがあったり、スタッフさんから一人一人指導していただいたり、すごく丁寧に見てもらえた印象があったんです。だから、私のなかで“なる”の存在が大きくなっていて。役が決まって、“なる”の新しい一面が知れると思うと嬉しかったし、ホッとしました。あとから「主役だからしっかりしなきゃ…!」っていう責任感も襲ってきましたけど(笑)。

――なるちゃんのどんなところに魅力を感じながら、演じていましたか?

上田:1話とか前半では、自信がなくて、自分の意志を言葉にしたり、行動に出すのが恥ずかしい…っていう内面を表現したいなあと考えていました。でも、仲間たちと出会っていろんな経験をしていくなかで、次第に自分の意見を言えるようになっていくので、後半は“なる”が本来持っている強さを出せるように意識しました。

――“なる”が本来持っている強さとは?

上田:私が考える“なる”の強さは、“ハナ(CV:田中美海)”のようにパーッとした明るい強さではなく、夜の月みたいに「優しく後ろから支えるよ」っていう柔らかさのある強さなんです。“なる”って、“ハナ”の影響をすごく受けているから、徐々に “ハナ”に似てきたなーっていう感じを出したくて。例えば、何に対しても「大丈夫です!」って言えちゃう“ハナ”の強さとか。“ハナ”のしゃべり方とか。それをプラスした上で、“なる”のイケメンなところを出していけたらいいなと。特に10話から最終回までは。

――確かに、1話で“なる”の声を聞いたとき、ちょっと物怖じしたり、人前で震えてしまうような自信のなさを感じました。声は、上田さんの地声と比べると高音で。

上田:そうなんですよ! 中学生の女の子として、私のなかでは最大に頑張って出している高音なんですけど(笑)。それが、収録が進むと、慣れてきて素の部分が出てくるのか、…“おっさん”っぽく変化してしまって(笑)。スタッフさんから「序盤のかわいらしさを取り戻していきましょうか」「かわいさを取り戻そう週間ということで!」とよく言われていました(笑)。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング