ヘンな間取り図を愛でるイベント「間取り図ナイト」の仕掛人を直撃

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月19日 12時20分

写真

『間取り図大好き!』(扶桑社)より

 まさかの隣人との共用トイレや、何に使うか思わず首をかしげてしまうような長~い収納など、いわれてみればおもしろいヘンな間取りをテーマにしたイベント「間取り図ナイト」が盛況をみせている。2014年も、東京、大阪、長野、静岡、鳥取、岡山と様々な都道府県で開催されたが、著書『間取り図大好き!』(扶桑社)などを手がけてきた仕掛人・森岡友樹さんにイベントの様子や間取り図についてのお話を伺った。  

関連情報を含む記事はこちら

 さて、第1回の開催から7年の歴史を持つ同イベント。はじめに、そのきっかけは何だったのだろうか。

「『間取り図大好き』というコミュニティを、mixiで2004年9月に立ち上げたんですよ。どんどん参加者も増えて、活発に交流するようになり、6万人くらいになったとき東京カルチャーカルチャー(ニフティ株式会社の運営する飲食可能なライブイベントスペース)から『イベントにしましょう』と声をかけて頂き、発展していきました」  

 mixiの黎明期であった当時、誰もがサービスの手ごたえを模索していた頃に、幾つかのコミュニティを立ち上げていたという森岡さん。そのうちの一つが「間取り図大好き」だった。世間ではまだ「拡散」という言葉も使われず、Twitterが産声を上げる前であり、ちょうど米国でFacebookの前身が誕生した時期でもある。間取り図片手に呑み、語らうというオフ会を経て、ヘンな間取り図を“魅せる”イベント『間取り図ナイト』が産声を上げた。

「初めてイベントを開催したのは、2007年10月でした。初回はお客さんが知り合い含めて8人くらい、その中でもお金を払ってくれたお客さんは5人くらいでした。収容規模100人ほどの会場ですが、4人ずつのテーブルで離れて座っている中、協力スタッフも含めた10人そこそこの人たちが、次々と繰り出されるスライドに大爆笑していたのを覚えています。その後、数少ない参加者の方々がクチコミで広めてくれて、2回目(2008年2月 開催)からは、およそ100人規模の地方公演も含めてほとんどチケットが完売するようになりました」

 2回目から爆発的に参加者が増えた背景には、参加者たちの「クチコミ」の影響力があったようだ。当時は、SNSやネットそのものの影響力も少なく、掲示板や各種チャットサービスが隆盛をきわめていた時代でもある。ネット自体もかすかに「アングラ」の一部として捉えられていた頃だが、結果として、参加者たちの芯から揺さぶるような“おもしろさ”があったからこそ、一大イベントへと発展していったのだろう。  

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング