子どもは見ちゃダメ!? ホラー漫画家・伊藤潤二が描く「本当に恐ろしいポケモン」の姿

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月20日 11時0分

写真

「ポケモンだいすきクラブ」公式サイトより

 あなたは「ホラー漫画」を読んだことはあるだろうか。血しぶきが飛び散る残虐な描写、おどろおどろしい化け物の姿、訳もわからず死んでいく登場人物たち…。個人的に、理解不能で不気味な展開が続くホラー漫画が大好きで仕方ない(あまり賛同を得られないけれど)。そして、そんな作品を描いたら右に出る者はいないという漫画家がいる。伊藤潤二氏だ。

【画像あり】伊藤潤二氏の作風を他の漫画でみる

 氏が描く作品は、とにかく「理不尽」に満ちている。代表作ともいえる「富江」シリーズは、その最たるものだろう。富江シリーズを端的に説明すると、出生に謎を秘めた美女・富江と、彼女に恋をする男たちが狂っていくさまを描いた作品だ。

 富江の魅力に取り憑かれた男たちは、最終的に彼女を手にかけてしまうのだが、どんなにバラバラにしても彼女は蘇る。身体を細かく刻んでも、やがてその肉片がひとつずつ別人格の富江として再生するのだ。そして、彼女に恋をした男たちはそれぞれ凄惨な最期を迎える。

 読んでいて一番怖いのは、理解不能な富江の存在ではない。彼女に憑かれた男たちの姿が、読み手の心をざわつかせるのだ。理不尽な世界のなかで少しずつおかしくなっていく人間は、どんな化け物よりも恐ろしい。氏の作品は、終始そんな恐怖に彩られている。

 そして、そんな伊藤潤二氏の作品を愛する者には驚愕のニュースが届いた。なんと、氏が「ポケモン」とコラボしたというのだ。そう、子どもたちに大人気の「ポケモン」と。…もうまったく意味がわからない!

 ということで、詳細をチェックしてみると、どうやらポケモン情報サイト「ポケモンだいすきクラブ」内の1コーナーである「本当は怖い? ポケモン」にて、コラボイラストを発表しているよう。どれどれ、どんなイラストなのかな?と見てみると…これが想像以上に怖い!

 第1弾では、新しい人形を大事そうに抱える女の子を、背後から恨めしそうに見つめる「ジュペッタ」が描かれている。この「ジュペッタ」はポケモンの公式説明によると、「捨てられたヌイグルミに恨みがたまってポケモンになった。自分を捨てた子どもを探すぞ」とのこと。…こりゃ恐ろしい。こんなポケモンが自分を探しまわっていたら、トラウマもんでしょう!

 第2弾で描かれているのは、長く伸びる舌を女性に巻きつけ驚かしている「ゲンガー」の姿。血走った瞳には狂気の色が浮かんでいる。ちなみに、「ゲンガー」の公式説明は「夜中、人の陰に潜りこみ少しずつ体温を奪う。ねらわれると寒気が止まらない」。…もうこの時点で寒気が止まりませんよ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング