「潘めぐみ」新人声優のインタビュー&ミニグラビア【新人声優図鑑】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月21日 21時0分

写真

『HUNTER×HUNTER』のゴン=フリークス役などを演じる潘めぐみ

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。

【写真、動画あり】撮り下ろしのオリジナルグラビア(5枚)はこちら

 第40回となる今回は、TVアニメ『HUNTER×HUNTER』のゴン=フリークス役、『ハピネスチャージプリキュア!』の白雪ひめ/キュアプリンセス役などを演じる潘めぐみさんです。

――声優を目指したきっかけは?

潘:声優である母の影響で、4歳や5歳のころから“声優”というお仕事があることは知っていましたが、自分の気持ちが動いて声優に憧れるようになったのは、小学校低学年のときに読んだ『HUNTER×HUNTER』がきっかけでした。友だちの家に遊びにいったときに『週刊少年ジャンプ』を見つけて、偶然開いたページが『HUNTER×HUNTER』の連載スタート第1話のカラーページだったんです。少年漫画を読むのは初めてで、本当にドキドキワクワクしたし、少女漫画より男の子たちがカッコいいなとか(笑)、憧れがいっぱい詰まっていて。しばらくしてアニメ化されたので、それを毎週チェックして、当時出演されていた声優さんたちにまず憧れました。

――どんなところに憧れましたか?

潘:大人の女性が少年役を演じていたりして、なってみたいと望むものに本当になれてしまう職業なんだなって感動しました。それから、その声優さんたちが出ているラジオを聴いたり、キャラクターソングやドラマCDをチェックしたり、ミュージカルを観たりして。アニメだけでなく、吹き替えとかナレーションとか、いろいろな声の表現があることは知っていましたけど、こんなに幅広く活動しているんだっていうことを知って、ますます憧れましたね。

――これまでに、実写や舞台など幅広く出演されていますね!

潘:大学1年生のとき、お芝居の勉強をしていきたいなと思って、ある雑誌で一般公募していたオーディションを受けたのがきっかけでした。映画のオーディションだったんですけど、それも本当にたまたま受かって。ご縁とタイミングが折り重なって映画や舞台など、いろいろな経験をさせていただきました。

――3年前から、声の仕事をスタートしましたね。

潘:声優への想いが15年の時を経て、『HUNTER×HUNTER』のオーディションの話をいただいたときは本当に嬉しくて。最初は、ゴン=フリークス役のオーディションではあるけれど、違う役に割り当てられるためのものであって、最初は、ゴを演じられるとは思っていなかったんですよ。だけど、オーディションを受ける瞬間だけは、ゴンになろうと思って。作品への思い入れが強すぎて、ゴン役をいただいたときは、嬉しさとともに、寂しさと悲しさがありました。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング