コロコロ編集長に聞く“マンガを読めない子どもが増えている”の真偽 ―子どもを舐めてはいけない

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月23日 11時0分

写真

『月刊 コロコロコミック』(2014年12月号)

 10月初め、「最近の子どもはマンガを読めないのか?」という議論がネット上を賑やかした。きっかけは漫画家・たかのあつのり氏による下記のツイートだ。

100万本突破の大ヒットゲーム『妖怪ウォッチ』がオトナをも魅了する理由

----------------------------------------------------------
以前とある雑誌で漫画を描いた時、「今の子供は漫画を読めないので、
ひとつのコマに2つ以上の行動を入れないで下さい」と言われた事がある。
(例えば)ハッとなって、ふりむいて「なんだって!?」と叫ぶ。
----------------------------------------------------------
↑1コマで済むけど、3つの行動をしているので3コマ必要になる。

 たかの氏が指摘を受けたという“以前”がいつ頃のことかはわからないが、「今の子どもはマンガを読めない」説は出版不況の話題に絡んでときどき浮上してきた。(最近では2012年1月頃のネット上での議論がある。参考:「漫画を『読めない』子どもが増えてる。間を想像して話を読み進めることができない」http://togetter.com/li/240365)

 確かに、マンガには特有の表現、読むために知っておくべき“ルール”がある。たとえば吹き出しの形で台詞とモノローグを区別するし、背景に稲妻が走っても本当に天候が悪いわけではない。コマを右から左、上から下に読むという基本の作法さえ、ある程度訓練が必要だ。その訓練をしていない、もしくは訓練しても習得できない子どもが増えているというなら、ありそうな話ではある。

 でも、実際のところはどうなのか? この手の話題は“読めない”ことを裏付ける根拠が乏しいし、筆者は子どもと接点がないのでピンと来ない。ならばプロに聞いてみよう。小学生以下が読者対象のマンガ誌『コロコロコミック』(小学館)村上孝雄編集長に話を聞いた。昔と比べて、今の子どもは本当にマンガを読めなくなっていると思いますか?

■マンガが牽引した『妖怪ウォッチ』人気と“ガラパゴス化”したコロコロの強み

「読めない子が増えているとは思いません。『コロコロ』1号あたりの発行部数は今年の年末号で130万部に達する見込みで、昨年の平均より約50万部の増加です。しかもより低学年の読者が増えている。小学生以下に関して言えば、“マンガ離れ”も感じませんね」(村上編集長)。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング