異色デュオ・黒色すみれが彩る『花宵道中』の世界

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月23日 11時0分

写真

『Cosmopolitan』(黒色すみれ)

 原作者・宮木あや子からのラブコールを受け映画『花宵道中』のエンディングテーマを手がけた、ゆか・さちによる女性デュオ「黒色すみれ」。かねてから親交が深い3人が語る秘話とは?

主演・安達祐実が語る『花宵道中』

【宮木】いつかお近づきになりたいな、とずっと思っていたんです。それで横浜の演奏会に行ったのが最初の出会いでした。

【ゆか】 そのときはもちろん作家の方だなんてわからなかったんですけど、CDのサイン会に並んでくださった宮木さんを一目見て「すごいオーラがある人だ!」と感じましたね。エレガントでドレッシーな服装も印象的でしたけど、でもただのお洋服好きじゃない、何かをやっている人だな、って。

【さち】 私は最初「女優さんかな?」って思ってたんですよ。演奏会に来ていただいたときも、ステージから見てもいつもただならぬオーラが出ていたので(笑)。だから作家さんだと聞いて、どんな作品を書く人なんだろう?って。

【ゆか】 その後、共通の知人がたくさんいることが判明して、私たちが運営していた喫茶店で新刊イベントをやっていただいたりしましたね。

【宮木】 いつか一緒にお仕事したいねという話はその頃からしていたんです。私が彼女たちを好きな理由は、音楽に妥協しないところ。二人とも音大出身なので基礎がきちんとできている。だから今回の映画化が決まったとき、ぜひ黒色すみれの曲を使ってほしいと私からお願いしました。

【ゆか】 私たちの音楽のコンセプトのひとつが"大正浪漫"で、竹久夢二や北原白秋の詩に曲を乗せたりもしているんです。でも『花宵道中』は江戸のお話。それで監督さんとも相談して、新しく書き下ろすことになったんですけど……そこからが大変でした(苦笑)。監督の当初の希望は「本編にもエンディングにも歌ものは入れたくない。インストゥルメンタルにしたい」というもので、それ以外にも「歴史映画だと思わないでほしい。J-POPでも民族的な匂いがするものでもない、ジャンルレスの音楽を書いてほしい。江戸風味は一切要らない」といったことを言われて――。

取材・文=阿部花恵/『ダ・ヴィンチ』12月号「文庫ダ・ヴィンチSPECIAL 宮木あや子の世界」より

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング