中国でも大人気となった「ラブライブ!」の凄さとは【コラム 中国オタク事情】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月25日 12時20分

写真

中国でも人気の 「ラブライブ!」

 中国オタク事情を連載している百元です。第5回は中国のオタク界隈に対して今年最も大きな影響を及ぼしたであろう作品、「ラブライブ!」に関して紹介させていただきます。

中国でも日本の声優が人気だった! 中国の声優事情とは?

◆「ラブライブ!」の人気爆発の流れ
 中国で「ラブライブ!」の人気に火が付いたのは今年の4月頃、アニメの第2期が始まってからです。「ラブライブ!」の第2期は中国の動画サイトでも公式配信されましたが、作中の歌やライブシーン、ネタ画像などが中国オタク界隈においてかなりの勢いで広まり、熱心なファンが急増し、作品に関するやり取りが中国のネットで活発に飛び交うこととなりました。

 またアニメ第2期から少し遅れてスマホ向けゲームの「スクールアイドルフェスティバル」の簡体字中国語版のサービスも現地で開始され、そちらの方にも多くのファンがハマっています。そして更にゲームの広告として上海に「ラブライブ!」のラッピング地下鉄が走り、「痛地下鉄が中国の公共交通に出現!?」と中国のオタクな人達に大きな衝撃を与えたりもしています。

◆実は中国でも予想外だった大人気
 そんな「ラブライブ!」ですが、実は中国オタク界隈においては恐らく今年最も予想外な人気になった作品とも言えます。アニメ第2期開始以前の人気は「一部にファンはいる」程度で、アニメ第1期が放映されていた当時もあまり話題になっていなかったそうです。

 それに加えてこれまで中国で人気になった作品の傾向から、「ストーリー性の強い作品、ストーリーが面白い作品が好まれる」、「女性キャラ中心のキャラ萌え路線の作品は広い範囲で人気になるのは難しい」という分析もありましたし、過去に中国に入ったアイドルをテーマにしたアニメの人気は概ね一部のマニアの間にとどまる程度だったことから、「ラブライブ!」が大人気になるというのはあまり予想できなかったのだとか。

 しかしその後ライトな層を中心に中国でも人気が爆発し、ファンが様々な方向に熱意を発散させたり暴走したりするような事態となっていきました。古参の中国のオタクな人からは「まさか中国でこんなことが起こるとは思いもしなかった……」というぼやきが聞こえてきたりもしました。

◆「ラブライブ!」の人気の凄さ
 中国オタク界隈における「ラブライブ!」の人気の凄さや方向性に関しては、作品関係で広まった2つの中国オタク用語からも見て取れます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング