キルラキルはわけのわからないもの? 脚本家中島かずき『キルラキル』トークイベントレポート

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月26日 18時10分

写真

『キルラキル 脚本全集』(中島かずき/KADOKAWA 角川書店)

 去る2014年9月15日(月)大阪市宗右衛門町にあるロフトプラスワン・ウエストで、脚本家の中島かずきさんによるトークイベント「関西炉風斗賦羅素湾制圧イベント」が行われた。司会はライターの宮昌太朗さんとニュータイプ編集部の鳩岡桃子さんが務めた。

【写真あり】脚本家中島かずき『キルラキル』トークイベントレポート

・中島かずき(なかしま・かずき)
劇団☆新感線の座付作家として活躍する脚本家。アニメーション作品では『Re:キューティーハニー』(2004)のシリーズ構成、脚本として参加してことがきっかけで今石洋之監督と出会い、同監督と組んだ『天元突破グレンラガン』(2007)で一躍アニメファンの間でも名前を知られる存在になった。2013年10月から2014年の3月まで放送された『キルラキル』では全25話の脚本を担当。その脚本を全て収めた「キルラキル脚本全集」(以下、脚本全集)を9月10日に上梓。

 「脚本全集」には本編25話だけでなく、ドラマCD4話分のシナリオ、サブタイトルに用いられ歌謡曲の元ネタ、定稿から制作の過程で改変された部分に関する中島さんの解説コメントも収録されている。まさに『キルラキル』の設計書といえる一冊だ。また、中島さんは本作の功績が広く認められ月刊ニュータイプが主催する「ニュータイプアニメアワード2014」において最優秀脚本賞を受賞された。

■アニメを文字で読み楽しむということ

 「脚本全集」の刊行は中島さんから、ニュータイプ編集部に持ちかけた企画だという。中島さんは「『キルラキル』に関しては、ほぼ一人で書いているので、自分の作品としてやりきったという想いがありました。放送されたアニメとは違う、自分の脚本ではこうだったというのを見てもらいたかった」と刊行の経緯を語る。TVアニメのシナリオはこのように書籍として刊行されない限り、ファンが脚本を読むことは難しい。中島さんは「この本がこれから後に続くアニメシナリオライターの希望の星になればいい」と語った。本書の企画に携わった鳩岡さんは「“武滾流猛怒”(ぶったぎるもーど)など、この作品は文字で読む方が面白さが増すのではないか」と、中島さんの言葉のエッセンスを味わうためにも「脚本全集」が役立つことを指摘。ライターの宮さんは「サイクルの速いTVアニメ制作において、全話を一人の作家が担当するということは少ないので、このような「脚本全集」は大変貴重。アニメもハリウッドのようにどんどん脚本本を出して行くべき」とコメントした。アニメ作品を文字として読むことで鑑賞の楽しみもより広がるだろう。今後、一般の視聴者にもアニメの脚本に触れる機会が増えることを願いたい。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング