ひとりっ子はなぜ“わがまま”だと思われてしまうのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月30日 11時30分

写真

『ひとりっ子の頭ん中』(朝井麻由美/KADOKAWA 中経出版)

 「これだからひとりっ子は……」
 なんて、根拠のないセリフを言われたひとりっ子は多いのではないだろうか? そんな筆者もひとりっ子であり、きょうだい持ちの人々から地味にいじめられてきた。

【イラスト・4コマ画像あり】インタビュー&本の情報はこちら

 世間一般のひとりっ子のイメージは、わがまま、マイペース、空気読めない、など、ネガティブなものばかりである……でも、それって本当なのだろうか? その疑問に答えてくれるのが『ひとりっ子の頭ん中』(朝井麻由美/KADOKAWA 中経出版)だ。本書では、ひとりっ子の行動分析や、ひとりっ子ときょうだい持ちの比較を行い、ひとりっ子をさまざまな角度から分析している。

 ひとりっ子はなぜ“わがまま”だと思われているのか? 著者の朝井麻由美さんにお話を伺ってみた。

■ひとりっ子の頭ん中を書いたワケ
――ひとりっ子の頭ん中を書いたきっかけを聞かせて下さい。

朝井「編集さんと話していたとき、お互いひとりっ子ということが発覚しました。ひとりっ子あるあるを挙げていたら、たくさんあって、これは面白い! という話になったことがきっかけです。ひとりっ子は誰でも経験あると思うのですが、ひとりっ子というだけで迫害を受けることってないですか? ひとりっ子だからってやり玉に挙げられたり、“ほら、ひとりっ子だからそういうことする”って、言われたり。わがままレッテルを張られているけど、本当にわがままなのかな。確かに主張が強い部分もあるけれど、そこまで言うほどでもないという想いもあって、ひとりっ子の本音を世間に伝えようと書きました!」


■ほんとうにわがまま? 世間が言う“ひとりっ子”のイメージ
――ひとりっ子のわがままイメージについて、朝井さんはどう思いますか?
朝井「ひとりっ子って、自己主張があるんです。みんなが遠慮して何も言わない場合でも、私はこれがいいって主張するんです。私はハンバーグを食べたいけど、みんなは何食べたい? という風に。その時、他の人がパスタを食べたいって言えば、じゃあ別々に食べよっか。という感覚であって、私はハンバーグを食べたいから、みんなもハンバーグを食べようというわけではないんです。主張しても、話を押し付けている人は、ほとんどいないと思います。 “わがまま”より、“マイペース”という言葉のほうが近いと思いますね」

――朝井さんが実際に経験した、ひとりっ子の迫害エピソードってありますか?

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング