「朝食を作れるようになったのが小さな幸せ」 元日テレ 馬場典子アナが初エッセイを出版

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月4日 11時40分

写真

馬場典子さん

 日本テレビの看板アナウンサーとして活躍してきた馬場典子さん。2014年6月末に退社してフリーランスとなった“馬場ちゃん”が、先月、初のエッセイ本『ことたま』を出版した。彼女が多くの人からもらった「言葉」を通し、どうやって壁を乗り越えて成長したのか? 驚くほど率直に、心の内を打ち明けた一冊だ。これまでの想いを書ききった彼女に、現在の心境含め、話を聞いた。

【画像あり】馬場さんの写真を見る

―300ページ近い大作でしたが、ここまでの分量を書き上げて、今どんなお気持ちですか?

 執筆と手直し期間で3カ月余りでしたが、あっという間でした。今まで溜めこんできた想いを一気に放出した気分(笑)。フリーになったら、アナウンス以外の仕事もやってみたいと思っていましたが、まさに今までやったことのないことへの挑戦でした。今後、こんなふうにフリーランスとして、新しい仕事に向き合っていくんだろうなという予感と体感に満ちた3カ月だったと思います。

―フリーになろうと決めたきっかけは、何だったのでしょうか?

「ひと通りのことが、ひと通りできるようになったから」というのが大きかったです。入社したばかりのころは点数が悪くても必死に勉強をして、勉強をした分だけ点数が取れる時代がやってきて、でも苦手科目はまだあるから勉強を続けて……という日々でしたが、気付いたらある程度のところで及第点が取れるようになっていた。そのことに、不安を感じるようになったんです。この仕事が好きだし、一生続けていきたいのに、今の私は努力をしていないぞって気が付いた。でもフリーになって、今また1年目の新入社員のような気分です。まだ私も一生懸命、夢中になって仕事ができるんだなって。

―馬場さんがイキイキしているのは、課題や目標を都度設定して、気持ちを新陳代謝するのが上手からなのだと感じました。

 課題っていうほど立派なものじゃないんですけどね。昨日した失敗は二度とやらないようにしようとか、小さなことを心がけてきました。私、人の役に立っていないと不安なんです。自分がハッピーであることは前提ですが、自分だけが幸せなのはアンハッピー。アナウンサーの私が誰かの役に立てるとしたら、それはニュースを視聴者に分かりやすく伝えられたり、スタッフが思う以上の形で伝えられたりしたとき。その目的を叶えるために、いつも課題を見つけてきた気がします。

―とくに、欠点やコンプレックスのような「弱み」を丸ごと受けとめていらっしゃる印象を受けたのですが、どう向き合ってきたのですか?
 今、私がクリアですっきりとした頭でいられるのは、自分なりにごちゃごちゃと考えてきた結果だと思うんです。そのために、できるだけ自分の欠点を受け入れようとは思ってきました。よくなろうとか、うまくなろうという想いが強すぎると、できないことを否定的に見てしまう。欠点はあくまで、そのときの強化科目! 課題として乗り越えていけばいいのに、ダメなところだって思ってしまうと自信をなくしてしまいますよね。そんなとき「馬場ちゃんも同じように悩んできたんだから、私も大丈夫かな」って思ってもらえる本になれば嬉しいです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング