雌ガールとか、オトナ女子とか、貴様ヘンな日本語使ってんじゃねぇぞ問題に迫る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月9日 12時0分

写真

『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(ジェーン・スー/幻冬舎)

 ちっ、「雌ガール」ってなんだよ。

アラサー女子にオススメの日本酒ベスト5

 夜中にフェイスブックを閲覧していたら、突如目に飛び込んできた完全なる重複表現のキャッチコピー。あまりの衝撃に、キーボードを打つ手が震えた。え、これ赤字入れずに出しちゃったの? むしろ誤植と言ってくれ!

 そういえば、近頃さっぱり女性誌を買わなくなった。というのも、日本語表現の乱れが、加齢肌の劣化によるブラずれ以上に酷いからだ。とはいえ、「女子会」という言葉が使われだした2010年頃は、自分も物珍しさで使っていた。「アラサー女子の本音コラム」なんてキャッチコピーで連載コラムも書いていたが、最近あまりにも「女子」や「ガール」が増殖しすぎて、かなり食傷気味なのである。

 そもそも、「オトナ女子」とか、「アラフォー女子」とか、閉経のほうがよほど近い中年女に、なぜ「いつまでも処女」のラベルを貼りたがる? 女性誌に掲載される「女子会」の様子たるや、まるでイソップ童話の“虚飾で彩られたカラス”の集いだ。肉付きがよくなった腹回りと、重力に連敗中のバストラインを必死に隠そうと、皆が皆、黒子のごとく黒いドレスで身を固め、「若い子になんて負けないんだからね!」といわんばかりに上目遣いで写真に映っている。そのままでは肌がくすんで見えてしまうため、デコネイルに、きらびやかな貴金属に、瞼を開けるのも難儀そうな付けまつげ…ラーメンで比喩するなら「ニンニク背油マシマシ」のオンパレードだ。

 調子に乗って「女子、女子」連呼していた私も悪いんだけどさ、いい加減カボチャの馬車から降ろしてよ、もう、これ腐ってるよ。そんな「女子&ガール辟易シンドローム」に陥っていた矢先、我らがジェーン・スー様がとっておきの新刊を出して下さった。その名も『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)。「貴様」と「女子」を掛け合わせた、このタイトルの破壊力たるやすごい。

 この「女子」と呼ばれる/呼ばれたい問題に対して、聡明なジェーン・スー様は、まるで鋭利なジャックナイフのごとく、バッサバッサと切り込んでいく。

“実は、女子女子言ってる女たちも、自分がもう女子という年齢ではないことを自覚しております。それでも「自称女子」が跋扈するのは、「女子」という言葉が年齢でなく女子魂を象徴しているからです。スピリッツの話をしている当事者と、肉体や年齢とメンタリティをセットにして考えている部外者。両者の間には乖離があります”

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング