『進撃の巨人』スピンオフ・ノベル誕生!ミカサの、アニの、あの日の知られざる物語

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月9日 17時20分

写真

『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』(瀬古浩司/講談社KCデラックス)

 アニメ「進撃の巨人」ブルーレイの初回特典として収録されていたビジュアル・ノベル「ミカサ外伝」「アニ外伝」。その話題作を、アニメ「進撃の巨人」の脚本家が完全小説化し、さらに特別書き下ろし「Lost Girls」が収録された『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』が2014年12月9日(火)に発売された。

【第1位】2014年人気コミックランキング

『進撃の巨人』漫画家 諫山 創コメント
「瀬古さんが進撃のアニメを素晴らしいものにしてくれた要因であることは、これを読めばよくわかるはずです」

アニメ『進撃の巨人』脚本家 瀬古浩司コメント
「何故ミカサとアニの物語なのか(2人の無口な少女の物語であることの必然性)については明確な理由が存在するが、それを説明しはじめるととても長い話になるので、ここでは割愛させていただく。ただ『進撃の巨人』という作品にほんのわずかでも関わらせていただいた身としてひと言だけ言わせていただけるなら、ミカサとアニの抱え込んでいるものにどうしようもなく興味を(そして心を)惹かれ、それと同時におそらくは彼女たちの抱え込んでいるであろうものを自らの手で書くことによって、彼女たちのことをより深い部分で理解したかった、ということになると思う。」

●ミカサ外伝 Lost in the cruel world
「急いだ方がいい。そうしないと君は二度とエレンくんに会うことができなくなる」ミカサは鏡男の顔を見た。しかしそこに映っているのは歪んだ自分の顔だ。ミカサは呼吸を整え、恐る恐る訊いた。「おじさんは誰なの?」

●アニ外伝 Wall Sina, Goodbye
アニはため息をついた。超大型級のため息。こういう一日がある。ほんのささいなことから大きな面倒に巻き込まれるという一日だ。今日はその典型的な一日だ。額に入れて飾ってもいいくらい、見事に典型的だ。

●Lost Girls
日の光はさきほどよりもずっと弱く、窓の外には夕暮れの気配が色濃く漂っていた。静かな風が吹き、樹木の葉を揺らした。「アニ、あなたは何を抱え込んでいるの?」アニはミカサに視線を戻した。そしてまた肩をすぼめた。

■『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』
著:瀬古浩司
原作:諫山 創
協力:「進撃の巨人」製作委員会
発売:12月9日発売
定価:本体750円+税
出版:講談社KCデラックス

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング