局アナ内定取り消しで疑問に思った“清廉性のある職業”とは? 人に言えない女の仕事の実態は?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月12日 12時0分

写真

『人に言えない仕事をしています。』(つかさき 有/宝島社)

 女子大生が日本テレビを提訴して話題となった、局アナ内定取り消し問題。「(元ホステスという経歴は)高度の清廉性が求められるアナウンサーに相応しくない」という日テレの主張に対し、週刊誌やネット上では「職業差別に当たるのでは」といった指摘も挙がり、11月14日に初弁論が行われた裁判の行方に注目が集まっている。

治験で1000万円稼げるって本当? プロ治験者が語る、気楽で過酷な「治験」とは

 今回の件で、日テレから公式に“清廉性のない職業”認定されてしまったホステス。しかし、そもそも清廉性のある職業とは何なのだろう? 清廉とは「心が清らかで私欲がないこと」(大辞林より)という意味だが、女子アナに清らかさを求めている人がそれほどいるだろうか。ネットユーザーを対象にアンケートを実施してみた(※対象:全国10~60代の男女100人 期間:2014年11月26日)。

 質問は2つ。

Q1「アナウンサーは清廉性が求められる職業だと思いますか?」に対しては、「そう思う」と答えた人が47.7%に上り、「そう思わない」(30.7%)、「どちらでもない」(21.6%)を上回った(有効回答88人)。この数字をどう捉えるかは人それぞれだが、「アナウンサーは清らかであるべき」と考える人は確かに一定数いるようだ。

Q2「あなたが思う“清廉性が求められる職業”は何ですか?」に対しては、フリーアンサーで多様な回答が集まった。多数意見は以下の通り。

1位 政治家(「議員」「総理大臣」含む) 21票
2位 宗教関係者(「僧侶」「尼さん」「巫女」「神父」「宮司」など含む) 20票
3位 裁判官 15票
4位 教師 14票
5位 アイドル 12票

 以降に警察官(8票)、看護師(7票)と続くほか、少数意見ではホテルマン、弁護士、キャビンアテンダント、保育士、受付嬢なども見られた。やはり人々の意識の中にはある程度、“清廉であるべき職業”という概念が存在するようだ。


 女王様のギャラはM嬢の2倍? 転職にも役立つ情報満載

 一方で、今回やり玉に挙げられた水商売をはじめ“清廉性がないと見なされやすい職業”もある。その代表格が女性の性を売る仕事だろう。コミック『人に言えない仕事をしています。』(つかさき 有/宝島社)では、こうした職業に従事する女性に取材を行い、リアルな実態に迫っている。

 本書は愛人/ガールズ居酒屋/ソフト風俗/SMの女王様/スナックのママ/ヌードモデル/ご当地アイドル/ピンクコンパニオン/復縁屋/サクラの10職種について、10人の女性を主人公とするオムニバスマンガで紹介。さらにギャラの相場や業界の展望、情勢などを調査し、コラムとしてレポートしている。転職を視野に入れて調べでもしない限り、普通の生活を送る上では知り得ない情報が満載だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング