1億人に「いいね」と感じてもらうユニクロの服作りとは? 大量生産の服って誰がどうやってデザインしてるの?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月18日 11時40分

写真

『1億人の服のデザイン』(滝沢直巳/日本経済新聞出版社)

 ユニクロでいつも思う。「なんであんな売れなさそうな色の服を置くんだろう」と。実際、ワゴンには奇抜な色のセール品が並んでいる。素人でもわかるのに、と思う。だが、その服にもデザイナーは存在するし、会社はGOサインを出しているのだ。なぜ? どんな人がどういう意図でデザインしているのだろうか? ひとつの答えが『1億人の服のデザイン』(滝沢直巳/日本経済新聞出版社)にある。

オザケン、ユニクロ人気を語る

 本書の著者・滝沢直巳氏は、三宅一生氏のアシスタント、ISSEI MIYAKEのデザイナーを経て独立。自らのブランドでも高い実績を残し、2011~2014年までユニクロのデザインディレクターを担っていたという経歴の持ち主だ。

 滝沢氏曰く、今や世界中で販売されているユニクロ製品は「1億人のための服」だ。マーケティングが重視される世の中にあって、ユニクロは「メードフォーオール(すべての人のために)」の思想でデザインされる。

 ファッションへの関心も情報も好みも千差万別の1億人相手に問われるのは「いいね、と着てもらえるかどうか」だ。

 まず、デザイナーに求められるのは「自分の主張を極力薄めて、多くの人に受け入れられやすいデザイン」をすることだ。

 しかし、売上効率や合理的な裁断だけを考えて白紙のような服を作っても、人の心は動かない。デザインの大前提にあるのは「袖を通した時の感動」だ。1億人に「いいね」と感じてもらうためには、着心地、生地の肌触り、シルエットなど、あらゆる要素に計算を尽くしたデザインが必要となる。「いいね」を求め、考え抜かれて作られたデザインは、描いて終わりではない。

 パタンナー(型紙作りの専門家)から、より美しい形の提案を受ける。生産部隊からは、より効率の良い縫い方を提案される。

 服のサンプルができると、営業部から「コストに見合わない、想定価格が達成できない」とチェックが入る。

 ボタンやポケットなどの付属品や装飾を調整し、コストダウンを図る。値段に合わないから戻す、営業部の指摘も「デザインの一部」なのだ。

 いよいよその服を店頭に持参し、ショップスタッフに見てもらう。販売経験に基いて、売れる売れない、デザインの変更などの要望が出る。そこからさらに改良を加える。こうした過程を繰り返し、ユニクロの服は、ようやく製品の形になる。

 だからこそ余計に気になる。「なぜその色を作るのか」と。理由のひとつは、店内に並べた時の華やかさ。黒が流行しているから黒ばかり並べては店が暗くなる。ピンクの服があることで、明るくなる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング