『埼玉化する日本』を、埼玉県民が読んでみた

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月25日 12時0分

写真

『埼玉化する日本』(中沢明子/イースト・プレス)

 埼玉は「ダサい」と言われ続けてもう30年以上経つ。最初に「ダ埼玉」と言われたのは1980年代初頭、言い始めたのはタモリだ。その呼称はすっかり定着したものになり、もうここまでくると、そのくらいじゃビクともしないようになった。

「恋愛に貪欲」「ストレスの矛先が危ない」意外な県民性が明らかに

 また「埼玉には何もない」とよく言われるが、近年では秩父や長瀞への観光や、折からの古墳ブームで、日本最古の鉄剣が出土し埼玉県の名前の由来となった「さきたま古墳群」などが注目を集めている。また『クレヨンしんちゃん』『となりのトトロ』『らき☆すた』『のぼうの城』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『ほしのこえ』などの作品でも埼玉が舞台になるなど、知らない人からしたら知らないのかもしれないが、それはアピール下手な埼玉独特の「埼玉には何もないという自虐」が原因だと思う。

 そんなときに見つけたのが『埼玉化する日本』(中沢明子/イースト・プレス)だ。「埼玉化」とは何かと興味を持って読んでみたところ、普段のマス消費については埼玉で、高感度消費をするときはすぐ隣りの東京にも行きやすい便利な場所、それが未来の消費の形である、という内容だった。言いたいことはなんとなくわかったが、「埼玉化する日本」という仮説は、埼玉で生まれ育った者としては少々ピント外れのように感じた。

 著者の中沢明子氏は1969年に東京で生まれ、1970~90年代の大量消費時代を全身で体感した後、2006年頃に埼玉の「イオンモール与野」(当時はイオン与野ショッピングセンター)を初めて訪れ、「なにこれ! 超楽しい! 意外といろいろ揃っているし、気取っていないし、なんだか、ちょうどいい。いいなあ、埼玉にはこんな場所があって」(本書より)と感じ、東京から埼玉の川口に移住、後に浦和へ引っ越して、現在も埼玉在住だそうだ。

 この埼玉化、主に書かれているのはJR埼京線やJR京浜東北線沿線の川口、大宮、浦和、川越についてで、それ以外は東京都下から埼玉県を横断して千葉県と東京駅を結ぶJR武蔵野線沿線にある「イオンレイクタウン」「ららぽーと新三郷」「イオンモール浦和美園」といったショッピングモールや大宮駅構内にある「エキュート大宮」、また埼玉発祥の「ファッションセンターしまむら」「焼肉レストラン安楽亭」「ジュエリーツツミ」といった企業などで、これらが日本へ広まっていること=埼玉化であるといっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング