現代の日本で、専業主婦を目指してはいけない理由

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月26日 12時30分

写真

『専業主婦になりたい女たち』(白河桃子/ポプラ社)

安倍首相率いる自民党の圧勝だった、先の衆議院選挙。安倍政権が推進している政策のひとつは「女性の活用」。男女共同参画社会を実現…と叫ばれる今、専業主婦になりたい20代が増えているという。時代に逆行するような願望が生まれる背景とは?

日本でも「一夫多妻制度」が認められら一体どうなる?

「今の20代は、母親の良妻賢母に良いイメージを母親世代から引き継いでいるからです」と、お答えいただいたのは、ジャーナリストの白河桃子さん。この度『専業主婦になりたい女たち』(白河桃子/ポプラ社)を上梓した。

■“選んで”主婦になった母親へ憧れる

 専業主婦に育てられたのは、今の20代に限らず30代後半の団塊ジュニアも同じだ。なぜ20代だけ専業主婦に良いイメージを持っているのだろうか。

「団塊ジュニアを育てた、団塊世代にとって、専業主婦になることは“当たり前”でほかの選択肢がなかった。一方、今の20代の母親は、男女雇用機会均等法前後から社会に出た人たち。働くか専業主婦になるか、選択肢がありました。 “選んで”家庭に入った人たちです」(白河さん、以下同)

 選択しようがなかった団塊世代の主婦とは違う。団塊ジュニアは「わたしはできなかったから、あなたは頑張って。女にも経済力が必要」と、働くことを後押しされた。一方、今の20代は、選んで専業主婦となり、子育てに幸せ感を感じている母親に育てられた。価値観にギャップがあるのだという。

 少子化・経済成長率など日本社会には問題は多い。だがそのことはさておき、職業は選ぶ自由がある。専業主婦になりたいのなら、仕方がないのではないだろうか。

「ちょっと待ってください。今は時代が違います。今の日本で専業主婦は、まずなれないからこそ希少。そして専業主婦を選ぶことは落とし穴も多いのです!」

■専業主婦は貧困の予備軍?

 育児と仕事を両立しているワーキングマザーをストレスなくこなす人もいる。一方、髪を振り乱し、職場で家庭で必死に動き回っているように見える人もいる。そんなにガムシャラにならなければ両立できないなら、育児に専念してもいいのではないだろうか。

「確かに女性は出産があるため、男性よりもハイスピードで仕事する人も多いです。一方、男性はキャリアが途切れることを意識せずに、一生働き続けるのだからとペース配分しています。女性、特に正社員は、30歳までにフル馬力で働き、疲弊している姿が見受けられます。でも働くことを諦めないで欲しいですね」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング