「“AV女優の何が悪い!”という声のほうが気持ち悪かった」社会学者・鈴木涼美インタビュー(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月27日 11時30分

写真

鈴木涼美さん

 ジャーナリズムも文学も、話題性が大事なことは言うまでもない。でも、世の中のメディアが一過性の話題性と損得でしか動かなくなったら、世界が今以上にチンケで安っぽく見えてしまう。そんな退屈な日常に、埋没なんてしたくない。

【画像あり】鈴木涼美さんの他の写真、本の紹介はこちら

 週刊文春10月9日号(文藝春秋)に、『元日本経済新聞記者はAV女優だった! 70本以上出演で父は有名哲学者』という記事が掲載された。しょうもない見出しから始まる、しょうもない駄文。かつての社会派風情はどこへやら、チープなゴシップ記事で、売り上げを伸ばすしかなくなりつつあるキング・オブ・ザ・週刊誌の、悲しい顛末がそこにあった。標的となった社会学者の鈴木涼美氏は、しばらくしてウェブサイトのリテラに寄稿。「“日経記者がAV女優”であることよりも、“鈴木涼美がAV女優”であることのほうが余程大きな問題を孕んでいる、と私は思う。」と綴った。

 東大大学院卒で、元日経記者で、小熊英二や北田暁大から絶賛される社会学者。そのイメージで彼女の新作『身体を売ったらサヨウナラ~夜のオネエサンの愛と幸福論~』(幻冬舎)を開くと、あまりに記者離れ、学者離れした文体に驚かされる。長い文になると、句点へ行き着くまでに、ゆうに半ページは超える。その間や語感は、まさに夜の世界に生きる女性そのもの。と同時に、手ですくおうとしたら、すぐにこぼれてしまいそうな、そんな独特の空気感を漂わせる、武骨な文学者としての才能が感じられる。なのに、世間はいまだ、彼女に対してAVのことばかりを聞いている。それだけ今という時代、アクセス数や売り上げを伸ばすための話題性ばかりに気を取られ、本質を射抜こうとしない、つまらない記者やつまらない編集者だらけになっているということだろう。本当、クソ退屈。

 12月某日、朝6時まで歌舞伎町で飲んでいたという彼女は、待ち合わせの時間に45分遅刻して登場。想像通りというか、想像以上に、まじめで、アバンギャルドで、チャーミング。そして、どことなく、けだるそうだった。そんな彼女に、文春の報道と、作品に描いた現代女性の生き様について赤裸々に語ってもらった。

>>後編「“カラダを売ると幸福になるのか”その答えを出すつもりはない」
http://ddnavi.com/news/220516/


――週刊文春の取材って、実際どんなだったんですか。

鈴木涼美(以下、鈴木):向こうは騙したつもりはないかもしれないけど、私は騙されたと感じています。以前、『文學界』で仕事をさせていただいたことがあって、最初に『文學界』の方から連絡がありました。月刊誌『文藝春秋』の編集部がコンタクトを取りたがっていると言うので、「連絡先を伝えていいですよ」と告げたんです。その直後に『週刊文春』から電話がかかってきて、「日経をお辞めになったそうで」と言われました。こちらはてっきり、『文藝春秋』からの連載依頼だと思っているから、取材されていると分からないまま答えました。そしたら、「今の話、記事にさせていただきます」と言われて、もう「汚ねぇ~!」って感じ。「新聞も汚ねぇけど、週刊誌、もっと汚ねぇ」みたいな。本当に迷惑。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング