『妖怪ウォッチ』キャデザ長野拓造さんが伝授「ジバニャンの描き方」! 耳欠け腹巻きがあればOK【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月28日 11時30分

写真

▲2013年に発売されるやまたたく間に大人気となった『妖怪ウォッチ』

 今年、もっともかわいいと評判のキャラクタージバニャン。ちまたでは、さっそく似顔絵合戦となっている。だが、人気の一方で、その難しさにコマっているズラ、との声も聞かれる。どのように描けば、“本物”に近づくことができるのか?

「ジバニャン」誕生秘話はこちら

 前編に引き続き、『妖怪ウォッチ』キャラクターデザイナーの長野拓造さんが直伝してくれた。ジバニャンを描くコツを、教えてニャン!

■長野さんにも難しいジバニャン

「僕もジバニャンを描くのは難しいです。子どもに描いてあげても“似てる! 上手だね”って言われます(笑)。本当はマネして描きやすいキャラを目指していたはずなのですけど……。タテヨコの比率や、目の位置がちょっと高めなところが描きづらいのかと思います。でも、僕も気分によって“今日は目を大きくしちゃったかな”ということもありました。僕ですら安定してないので、みなさんも難しいのかな」

 では、ジバニャンを描くときのポイントとは?

「細かいことは気にしなくていいです。ざっくりと赤と白の顔。それにシッポ2つと耳の片側を削って、腹巻きを描いてもらえれば、雰囲気が出ると思います。子どもにマネしてほしかったので、あえて細かくデザインはしていませんので」

▼これが本家直伝! ジバニャンの描き方だ

1、気持ち下がふっくらしたお饅頭のような円を描きだいたい三等分間隔で耳をつけます。

2、目の位置、この絵では真ん中より少し下に配置します。耳の付け根の下の位置を目安に程よい大きさの円を描いてみました。それに合わせて、真ん中に鼻・口・そして火の玉のイメージの顔の模様を描きます。

3、白目の幅に注意しながら黒目を描きます。鈴のようなカプセル、首輪、そして前掛けのように白いブチの部分を描きます。大きすぎないように。

4、体は油断すると太りがちなので縦と横のバランスを見ながら描きますが、小さくかわいければ良いと思います。

5、しっぽを左右に描いて火の玉をつけて、程よい幅のハラマキと、手足の模様を入れれば線画の完成です。火の玉のうずは色を付けるときに描きます。

6、着色して完成!

■似顔絵を通して友達を作ろう!

 子ども達が描くことを意識してデザインされたというキャラクター。長野さんからくり返し聞かれる言葉だ。子どもにマネされたいというのは、キャラ認知で拡散効果を狙っているのだろうか。

「いえいえ、これは僕の体験にさかのぼります。自分が子どもの頃、『キン肉マン』というマンガが流行っていました。このキャラは、おでこの“肉”も含めて真似しやすく、そのキャラクターだと分かる、すごくわかりやすい記号がありました。だからマネして描いていると友達から、“あ、キン肉マン描いてる”って話しかけられて。そこから会話が弾んだり。絵を通して友達とのコミュニケーションが生まれました。大人になった今でもその体験は、子ども時代のいい思い出です。自分の経験から、こんな遊び方もあると思ったので、覚えてマネして欲しいと思います」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング