「耳つまみ」「腕振り」…、短時間で運転の疲れを癒やす方法

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月30日 11時30分

写真

『視力アップ・疲れ目・ドライアイに効く100のコツ』(主婦の友社)

 何かとクルマが重宝されるこの季節。年末年始の風物詩ともえる帰省やUターンラッシュはもちろん、スキーやスノボなど、長い休みを利用して冬のレジャーへと足を運ぶ人たちも少なくないだろう。そんな中、慣れない長距離運転はおろか、数km、数十kmにも及ぶ渋滞にひとたびハマってしまえばもうヘトヘト…。SAやPAでは何をすることもできず、ただただグッタリという人たちも少なくないのではないだろうか。そんな人たちに向けて、ちょっとした時間で目の疲れや肩こりをほぐせる、おすすめのストレッチやマッサージを紹介していこう。

これ間違いです→「高い化粧品をチビチビ使うより、安い物をたっぷり使った方がいい」

■一点の景色に集中しやすい高速道路。長時間の運転で目が疲れたら…

 一般道より神経をとがらせねばならない高速道路。淡々とまっすぐ続く道すがらではなかなか休むこともできず、時間の経過とともに目に疲れが溜まる感覚をおぼえる人も少なくないだろう。そこで、書籍『視力アップ・疲れ目・ドライアイに効く100のコツ』(主婦の友社)より、目の疲れに効果的なマッサージをお伝えしよう。

◎全身マッサージに匹敵する「耳つまみ」を実践!
 東洋医学では「その人の分身」とされる耳。つまり、全身の各器官とつながるツボが凝縮されているからだといわれる。また、耳やその周辺には距離の近い顔面の各部位につながる静脈や動脈も流れているため、目への血流も促進されて疲れをやわらげる効果があるそうだ。
 やり方は単純。眼精疲労に効くとされる耳たぶをつまみ、さすったり折り曲げてみるだけ。痛みをともなう場合には代謝が低下している証拠だというが、あまりにひどい場合には加減してもよい。渋滞のさなか、まったくクルマが動かないときにもちょっと意識してやってみるのもいかがだろうか。

■姿勢の変わらぬ車中。ふと降りたSAやPAでどっと肩のこる感覚が…

 ハンドルを握り、アクセルやブレーキなどを踏み続けねばならない運転席。延々と伸びる高速道路での運転はもちろん、ひとたび渋滞にハマってしまったら身動きも取れず、長時間同じ姿勢でいなければならないのがつらいところである。そのため気がついたらひどく肩がこっていたという経験も少なくないだろうが、書籍『1日3分「腕振り」で肩こり・腰痛がとれる!」(KADOKAWA)より、ちょっとした休憩時間にもできるお気軽ストレッチ方法を紹介していきたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング