不倫・略奪・セフレ…『残花繚乱』にみる盛りを過ぎた女たちに渦巻く本音

ダ・ヴィンチニュース / 2015年1月7日 11時30分

写真

『残花繚乱』(岡部えつ/双葉社)

 幸せな結婚とは何か? 相思相愛で誰からも祝福されるものが一般的な幸せの形だろう。経済力・ルックス・性格が合うなど細かく見れば、切りがないほどの条件はある。だが誰もが欲するのが「愛」だろう。お金を目前にすれば、妥協もありえるが、人は基本、愛されたい生き物だ。

男の色気は50から!? 今再燃する“カレセン”ブームの謎を解く

 結婚を考えたとき、愛と社会生活を天秤にかけてしまう女性は多い。そんなもやもやを抱えていると、あっという間に歳を重ねてしまう。そんな結婚にまつわる、もやもやを抱えている人にぜひ読んで貰いたいのが、岡部えつ著『残花繚乱』(双葉社)だ。
 この本を読了すると、もやもやに捕らわれる気持ちが少し軽くなるかもしれない。

 物語は、中年という年齢を過ぎても色香を漂わせる男・柏木を軸に、様々な女たちの狂い咲きが描かれている。
 柏木と不倫していた32歳のりかは、柏木の妻のすすめで見合い結婚をする。妻は、夫の不倫を知ったうえで、その不倫相手に見合いをすすめている。
 りかの友人・麻紀は、りかの婚約相手と知りつつ、その相手を寝取る。そしてそのことを結婚後に暴露する…。

 昼ドラの不倫劇に思えるかもしれない。だが、この物語を読み進めるほど、私たちは様々な思い込みに捕らわれていたことに気がつく。

 りかは、嫌いでも好きでもない相手と結婚する。けれど次第にその関係に馴染んでくる。体の関係だけをくり返し、結婚などまるで考えていない麻紀。年齢を重ねる度に、女としての魅力が衰えるのでないかと心配になる。けれど、自分を都合良く扱う男たちはごまんといることを悟る。

 夫婦はこうあらねば。女はこうあらねば。ステレオタイプの思い込みこそ自分を縛っているのだ。同じ人間がふたりといないように、自分の欲する愛の形もまた違うのだ。自分にフィットする愛の形に収まればいい。

 この作品に引き込まれるのは、なんといっても入り乱れる男女の関係、錯綜する思い。お互いに優れていることを牽制し合う女たちの影なる戦いもたまらない壮絶さだ。

 友人の婚約者を寝取ってやろうと思う黒い気持ち。子どもを妊娠することで、「私はお前より愛されている」とアピールする姿。不仲にもかかわらず、ホームパーティを開き円満夫婦を演じる。
 痛々しくてたまらない。必死の形相で相手より少しでも幸せであるかのように競い合う。女の腹黒い部分を一滴も逃すことなく描く。だが心のダークさは、とぐろを巻いているだけではない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング