ストイック過ぎ!? 吉田松陰から学ぶストレスに強くなる方法 【大河ドラマ『花燃ゆ』で注目】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年1月9日 11時30分

写真

『逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳』(篠浦伸禎/かざひの文庫)

 1月から始まった大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公は、吉田松陰の妹・文(ふみ)。文の人生と幕末の志士たちの活躍を、どのような展開で見せてくれるのか楽しみだ。大河ドラマをより楽しむために、異色の切り口から吉田松陰を取り上げた一冊で、知識を深めてみてはいかがだろうか。

“なんとなく休む”は絶対NG! どんなに忙しくて不摂生でも「疲れ」を翌日に持ち越さない方法

 『逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳』(篠浦伸禎/かざひの文庫)は、脳神経外科医師が吉田松陰の脳の使い方を分析し、現代の私たちに生かせるものはないかを探ったものだ。長州藩に生まれた吉田松陰は、高杉晋作ら多くの志士たちを育て、安政の大獄に連座して29歳の若さで処刑された。このような短い人生にもかかわらず、後世に多くの影響を与えた松陰であるが、どうやら彼は脳の使い方が私たちとは異なるようだ。

 普通、私たちの脳は、ストレスを受けると気分が落ち込んだり、パニックになったりする。しかし、松陰の脳は違った。ストレスでダメージを受けるどころか、眠っていた遺伝子にスイッチが入り、脳が活性化されていたのだ。確かに、松陰は、獄中でもめげることなく学び続け、斬首刑が決まっても平常心を失わなかったと伝えられている。

 このような特殊な脳の使い方は、松陰が「公(おおやけ)」のために生きていたからだと著者は分析する。「公」とは、「人のため、世の中のため」ということである。

 現代の多くの人間は、自分の命を生かそうという前提で生きている。著者は、脳の中で自分を守るための機能をもつ部分を「動物脳」と呼んでおり、この「動物脳」が自律神経など生命維持のための基本機能を司るとする。ストレスで動悸がしたり、パニックになったりという状態を作り出すのは、この部分が働くからだ。

 しかし、「公」のためだけに生きていた松陰は、困難な状況にあっても、自身の「動物脳」にストレスを感じなかったらしい。「私」を生かそうとしていないので、「動物脳」が働かないのだ。

 松陰の「私」を生きない脳の使い方は、近代以前の教育、いわば侍を作る教育法によって生まれたという。侍は命を懸けて殿様や将軍に尽くすため、状況に応じて「私」を抑える、つまり「動物脳」の働きを抑えることができなくてはならない。

 松陰は、教育係であった叔父から、「侍とは何か」を体で覚えさせられたという。幼い頃、読書中に体を掻くと、叔父は松陰を叩いて叱った。勉強(読書)は「公」のためにするものであるから、読書中に痒いところをかくというのは「公」よりも自分の欲望を満たす行為になる。すなわち、私利私欲を捨てることを教えるべく、叩かれたというわけだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング