”俳優”岡田准一に期待の声 『海賊とよばれた男』映画化に世間の反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日 17時30分

写真

原作・百田尚樹、監督・山崎貴、主演・岡田准一(V6)の「永遠の0」の無敵トリオによって映画化が決定した『海賊とよばれた男』

 2013年12月に公開された、原作・百田尚樹、監督・山崎貴、主演・岡田准一(V6)の映画「永遠の0」。このたび、百田のベストセラー小説『海賊とよばれた男』の映画化が決定した。興収約87億6,000万円をあげ、2014年の邦画興収1位にも輝いた「永遠の0」の無敵トリオが、再び集結することとなった。もちろんこの発表に、世間の期待も高まっている。

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュース

 岡田のほか、三浦春馬、井上真央、新井浩文、染谷将太など、多くの人気俳優が出演し、大ヒットした「永遠の0」。零戦搭乗員の悲劇を描いた同作は、2015年2月に開催された「第38回 日本アカデミー賞」において、最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞など8部門を獲得する快挙を達成した。

 「永遠の0」を成功に導いた主要人物である、百田、山崎、岡田の3人が再び集結して作られるのが『海賊とよばれた男』。新刊を扱う書店の書店員の投票によって決められる「第10回 本屋大賞」で、横山秀夫の『64』をおさえ、見事第1位に輝いた同作は、明治~昭和の激動の時代を舞台にしたスペクタクル小説だ。出光興産創業者・出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造が、石油事業を起こし、さまざまな苦難を乗り越え成長していく姿が描かれる。

 青年期には“海賊”とよばれ恐れられた、波乱万丈の人生を送る男・国岡を演じるのは岡田。オファーが来たときは驚いたようだが、監督を務める山崎からの「共に戦おう」という言葉に心が動かされたらしく、出演に対しては「国岡鐵造のように、数々の苦難を乗り越え、道を切り開いていく姿を体現できたらと思っています」と熱いコメントを寄せている。

 また、岡田の心を動かした山崎は、映画化しようと思ったきっかけについて、終戦直後で下を向く人が多い中、「とんでもないことをしでかした男たちがいた」ということへの驚きが原動力になったとコメント。

 「永遠の0」のヒットもあり、映画「海賊とよばれた男」には、「原作に負けないくらいの映画を期待してます」「いやー、これ映画化待ってました。是非とも骨太な戦前の日本男子の活躍を描いてもらいたい」「いい映画になりそう。もう一度原作読み返そうと思う」「『永遠の0』が“静”なら、この作品は“激”という感じの役。どんな風に演じるのか楽しみです」「『永遠の0』を超えるのは大変だと思うけど、期待したい」などの声が上がっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング