お家で作れるエスニック風ライスプレート!下処理やストック法も

楽天レシピ デイリシャス / 2019年8月23日 7時0分

お家で作れるエスニック風ライスプレート!下処理やストック法も

タイ料理やベトナム料理をはじめとするエスニック料理店は日本でも多く見かけるようになりました。
各国のスパイスや調味料などの入手も簡単になり、ご家庭でもエスニック料理に挑戦しやすくなりましたね。

せっかく調味料などが入手できるようになったので、ご家庭でもエスニック料理に挑戦しない手はありません。
まずはお家で簡単に作れるエスニック風のライスプレートをご紹介します。
サラダから主菜、副菜まで一皿に盛り付けるワンプレートご飯は、片付けも簡単になり見た目も◎。

カオマンガイはアジア共通のおいしい炊き込みご飯!
茹で鳥のゆで汁でお米を炊くのが本場の作り方ですが、炊飯器でとても時短に作れます!
たれを作って冷蔵庫にストックし、鶏肉はスジなどの処理だけしてストックしておけば後は調味して炊飯器任せです♪

ガパオライスは日本人に大人気!
鶏肉とバジルで風味の良いガパオ。ライスプレートの定番ですね♪

タンドリーチキンは冷凍ストックにも!
ヨーグルトやカレー粉、調味料に漬け込んだチキンはとても柔らか!
その日に食べる分は冷蔵庫で、多めに作って密封保存袋で冷凍保存してもOK!

本格的なタイ料理にも挑戦してみて!
タイ北部やラオスで親しまれているラープ。
酸味と柔らかな甘み、そこにピリッとした辛さが病みつきになる料理です。
野菜と一緒にサラダとしても、ご飯のおかずにもピッタリな一品です。

ナンプラーでいつもとひと味違う炒め物に!
いつもの野菜炒めもナンプラーを使って調味することによりエスニック風になります。

夕飯用などに野菜を下処理しておくと帰った後に料理も億劫にならないので、「仕込みごはん」としてもいいですね!
あくのない野菜は切って密閉袋などに、あくがある野菜は切った後に酢水に浸しておくと綺麗なまま使えますよ!

(テキスト: 山本 和枝)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング