DNDiによる基調講演 「GARDP : 薬剤耐性と戦う公衆衛生的アプローチ」のご案内

Digital PR Platform / 2017年2月23日 15時37分

写真

第91回日本感染症学会総会・学術講演会第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会テーマ:継続は力 ~感染症と化学療法の明日に向かって~シンポジウム17におけるDNDiによる基調講演「GARDP : 薬剤耐性と戦う公衆衛生的アプローチ」のご案内

DNDi(Drugs for Neglected Diseases initiative顧みられない病気の新薬開発イニシアティブ)は2016年5月にWHOと協働でGARDP(The Global Antibiotic R&D Partnershipグローバル抗生物質研究開発パートナーシップ)を発足させました。GARDPのミッションは、薬剤耐性(AMR)に向けて、抗生物質による新たな治療法を開発し、「責任ある使用」の促進を図り、すべてのニーズに公平なアクセスを可能にすることです。

薬剤耐性の問題は、国際社会において具体的かつ包括的な対策を協調して取る必要があります。Jim O’Neillにより最近出版されたAMR Reviewのリポートでは、薬剤耐性による死亡率とその経済的な影響が紹介され、抗生物質が現代医療において十分な役割を果たすためには、国際社会が協調して対策を取るべきであることを繰り返し述べています。

このたびGARDP事業開発・開発戦略 部長のジャンピエール パコー(Jean-Pierre Paccaud, Ph.D.)が来日し、下記の予定でGARDPの活動についてご紹介させていただきます。薬剤耐性への関心を有するアカデミアから企業にいたるまでの多くの方々にお集まりいただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

     記

日時:2017年4月8日(土) 13時50分~15時50分 シンポジウム17
http://jaid91-jsc65.umin.jp/program.html
会場:京王プラザホテル 第1会場(南館5階エミネンスホール)
   〒160-8330東京都新宿区西新宿2-1-1
TEL:03-3344-0111(代表)
シンポジウム17:「今後の抗菌薬開発の方向性―AMR対策アクションプランを受けて―」
基調講演者:ジャンピエール パコー(Jean-Pierre Paccaud, Ph.D.), GARDP事業開発・開発戦略 部長(Director, Business Development & Corporate Strategy, GARDP Operations, DNDi)

トピックスRSS

ランキング