散歩・ウォーキング人口、過去20年で2倍に。 60歳以上の、ほぼ2人に1人が週1回以上実施! 笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査2016」より

Digital PR Platform / 2017年9月14日 12時2分

写真

1.散歩・ウォーキング実施者は20年間で倍増
 (年1回以上:推計人口2,141万人→4,592万人)

2.高齢者層が散歩・ウォーキング実施率をけん引

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する公益財団法人笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、全国の18歳以上の『スポーツライフに関する調査』を、昨年6月~7月に実施いたしました。
(全体の調査結果は2017年3月に発表済み)

今回、敬老の日に合わせ、高齢者を含む成人の散歩・ウォーキングの実施状況について、1996年から2016年までの過去20年間の推移と年代別の分析を行いました。

※なお、レポートの全文は、SSFウェブサイトでご覧いただけます。
https://www.ssf.or.jp/research/sldata/tabid/1404/Default.aspx


【主な調査結果】

成人の散歩・ウォーキング実施率は、全体として過去20年間で2倍に伸びており、特に高齢者層の実施率が最も高く、全体の実施率をけん引していることがわかりました。

1.散歩・ウォーキング実施者は20年間で倍増

 成人における年1回以上の散歩・ウォーキングの実施率は、2016年度で44.2%、推計人口は4,592万人となった。
20年前となる1996年の実施率22.3%、推計人口2,141万人と比較すると2倍に増えている。

→詳細:「表1・2」

2.高齢者層が散歩・ウォーキング実施率をけん引

 60~70歳以上の2016年度の散歩・ウォーキング実施率は、年1回以上が55.6%、週1回以上が49.7%であり、若年層に比べて顕著に高い値を示した。
 (20~30歳代:年1回以上34.6%・週1回以上19.6%、40~50歳代:年1回以上41.6%・週1回以上27.2%)
 高齢者層の実施率は上昇傾向が続いている。

 →詳細:「図1・2」


■研究担当者コメント

 1996年以降の全体傾向としては、散歩・ウォーキングを少なくとも年1回実施する人の割合が22.3%から44.2%へ、週1回以上のペースが13.6%から32.5%へと大幅に増加してきたことがわかりました。

特に、高齢者層が全体の実施率を大きく引き上げる形で散歩・ウォーキングブームをけん引してきた様子が伺えます。この背景には、高齢化社会に伴う健康志向の高まりや国民のヘルス・リテラシーの向上が要因として挙げられます。

トピックスRSS

ランキング