戦後の「復興」に大きな役割を果たしたスポーツ 野村 鋠市氏 インタビュー公開

Digital PR Platform / 2018年3月14日 11時0分

写真

『スポーツ歴史の検証』
1964年オリンピック東京大会組織委員会 人事課長
野村 鋠市 氏 インタビュー 公開

 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する、公益財団法人 笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区、理事長:渡邉 一利、以下 SSF)は、元東京都副知事(1979~83年)で、1964年東京オリンピック大会開催時には東京都からオリンピック東京大会組織委員会に出向し、人事課長を務めた野村鋠市さんのスペシャルインタビューを公開いたしました。 

詳細URL:http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/267/Default.aspx

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1086/26256/500_331_201803131747035aa79007c1c1e.jpg
▲上野公園のオリンピックモニュメントの前での記念撮影

 野村さんが東京都職員になった1951年当時は、戦後6年。東京都は大空襲で焼野原になっていたところから復興の道を歩んでいた時でした。その道のりは「言葉では言い表せないほど大変な」ものでしたが、スポーツで活躍する日本人の姿は国民を元気づけ、またオリンピックを契機にスポーツへの関心も高まったといいます。
 野村さんには、当時の組織委員会での業務内容、戦後の復興にスポーツが果たした役割や、2020年東京大会に期待すること、1964年当時との違いなどについてお話しいただきました。


[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1086/26256/512_396_201803131747095aa7900d3756f.jpg
▲当時御茶ノ水にあった岸記念体育館に掲げられた東京オリンピック開催決定を祝う垂れ幕

 SSFでは、スポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考える機会として、鈴木大地氏、吉田沙保里氏、室伏広治氏など日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々へのインタビュー記事『スポーツ歴史の検証』 を連載しています。
http://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1086/26256/450_301_201803131747145aa79012941f7.jpg
▲戦後、水泳自由形で世界新記録を連発し"フジヤマのトビウオ"と呼ばれた古橋廣之進

トピックスRSS

ランキング