ギリアド・サイエンシズ、 アジア・レインボー・寄付プログラム 初年度の支援先を発表

Digital PR Platform / 2018年12月3日 14時0分

アジア10市場の27組織を支援

ギリアド・サイエンシズ・インク(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダッ ク:GILD、以下「ギリアド社」)は本日、ギリアド・アジア・レインボー・寄付プログラムの初年度の支援先を発表しました。アジア10市場で活躍する27組織が、2019年に立ち上げるHIV/AIDS関連プロジェクトに対する助成金を受けます。

ギリアド・アジア・レインボー・寄付プログラムは、アジアにおける若年成人、地域社会とHIV感染者を直接支援するプロジェクトに対し、ギリアド社が直接支援を行う活動として2018年9月に立ち上げました。ギリアド社は、その知見、資源と経験を生かし、地域社会が自らのHIV関連活動を展開できるよう支援する活動を展開しています。ギリアド・レインボー・寄付プログラムは、ギリアド社がアジアでの活動の幅を広げ、地域社会とのパートナーシップを強化し、持続可能なインパクトを生み出すための活動の一環です。

ギリアド社の広報担当シニア・バイス・プレジデントのエイミー・フラッド(Amy Flood)は、次のように述べています。「ギリアドは長年にわたり、アジアの医学界とHIV感染者にHIV治療の選択肢をお届けすることに力を注いできました。ギリアドが地域社会とともに、HIVへの偏見・差別を払拭し、HIV感染予防に向けた支援やツールを提供し、若い人々を教育するための革新的キャンペーンに力を入れており、今回のレインボー・寄付プログラムはその活動を大きく進めるものとなります。 今回のプログラムには大きな反響があり、多数の応募をいただきました。提出いただいたアイディアはいずれも思慮深く、大胆で、私たちは感動するとともに背筋が伸びる思いがいたしました。」

プログラムには大きな反響があり、アジア全域から40以上のNPO組織より応募いただきました。
応募いただいたプログラムは、下記3カテゴリのいずれかに属します。

デジタル・コミュニティ
ギリアドのデジタル・コミュニティ部門は、アジアではデジタル・コミュニケーションが高度に発達していることを踏まえ、ソーシャル・メディア、デジタル・アプリ、またはデジタル・コンテンツを用いたHIV/AIDSキャンペーンやプロジェクトを支援します。
デジタル・コミュニティ寄付対象としては、PLWHのほか、薬物注射使用者、男性同性愛者(MSM)、トランスジェンダーおよびセックス・ワーカーなど、様々な面でHIV/AIDSウイルス感染のリスクの高いコミュニティに対するデジタル・コミュニケーションの推進やエンパワーメントを目的とした支援・教育キャンペーンならびにコミュニケーション・プロジェクトが挙げられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ

トピックスRSS

ランキング