全身の若々しさにも影響!?「お口のエイジング」チェックリスト

Digital PR Platform / 2019年8月9日 14時0分

写真

監修:アイエスデンタルクリニック院長 石田 智子先生

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/550/34317/700_466_201908081557085d4bc7c400b2b.jpg


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』( http://www.well-lab.jp/
)にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------------

「お口」と「エイジング」と聞いてもすぐには結びつかないかも。でも実は、肌や髪と同じように、お口も気づかないうちにエイジングが進んでいるのです。お口のエイジングがはじまったら、どんな症状があらわれるの? 防ぐにはどうしたらいい? 専門家の先生にお話をうかがいました。


| 30代からお口のエイジングがはじまるって知ってた?

ふだん、あまり意識していないかもしれませんが、肌や髪と同じように、お口の中もエイジングします。早い人だと、30代からはじまることも!

原因は、おもに加齢による唾液の減少です。お口の浄化作用をもつ唾液の量と質が変化すると、口内環境が悪化して、菌が増殖しやすくなり歯垢がたまりやすくなります。また、菌の出す老廃物が歯周組織を刺激してしまいます。
また、お口のエイジングは、喫煙、不規則な生活、ミネラル不足の食生活など、生活習慣によってももたらされます。

このように、お口の老化を引き起こすさまざまな要因があるのにもかかわらず、肌や髪にしているような“エイジングケア”をしている人は少ないのが現状です。


| あなたは大丈夫?
  「お口のエイジング・レベル」チェックリスト

ところで、肌や髪のエイジングはわかりやすいけれど、お口のエイジングとは、具体的にどのような状態を指すのでしょうか?まずはあなたの「お口のエイジング・レベル」をチェックしてみましょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
お口のエイジング・レベル チェックリスト

□以前よりも口臭が気になる
□以前よりも口内がネバつく
□体調により歯ぐきに不快感がある
□歯ぐきから出血することがある
□歯が黄ばんできた
□歯ぐきがハレることがある
□歯ぐきが下がってきたと感じる
□歯と歯の隙間にモノがつまりやすい
□刺激の強いものが歯にしみる
□以前よりも口の中がパサつきやすい

0~1個:エイジング・レベル低
エイジング予防を心がけ、このまま良い状態を保ちましょう。

2~3個:エイジング・レベル中
エイジングの症状がはじまっています。毎日のケアを徹底しましょう。

4個以上:エイジング・レベル高
かなりエイジングの症状が進んでいます。ケア方法を見直しましょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

上記のほか、歯と歯の間に黒い三角形の隙間(ブラックトライアングル)がある場合は、歯ぐきが下がっている証拠です。また、「最近、水を飲む回数が増えたなあ」と感じている人は、唾液が減ってお口の中が乾燥しているのかもしれません。

石田先生によると、実はお口のエイジングは全身の若々しさにも影響大なのだとか。「唾液は口の中を洗ってくれる最大の免疫。唾液量が多い人は免疫力が高いので、全身が若々しく、病気になりにくいといえます。その分、いきいきとした活動的な方が多い印象です。逆に唾液の量や質が変化して口内環境が悪化すると歯周病リスクが高まります。その他にも、歯が健康でない人は、しっかり噛めなくなることで顔の表情筋が衰え、口角が下がったり、ほうれい線が刻まれたりして、顔全体が老けた印象になる場合もあります」(石田先生)


| 30代からはじめる、「お口のエイジング」を防ぐケア

歯の磨き方が悪いと、お口のエイジングを進めることになりかねません。そこでここからは、お口のエイジングに合わせた、30代からのケアをご紹介! さっそく今日から取り入れて、若々しいお口をキープしましょう。

1.ハブラシの選び方
硬い毛のハブラシを使うと歯や歯ぐきを傷つける原因になるので、やわらかめの極細毛で、密度が高く、毛先が長いものを選ぶようにしましょう。電動ハブラシは毛が硬いものが多いので、手で磨くハブラシがおすすめです。

2.ハミガキの選び方
ハミガキは、目的に適したものを選びましょう。たとえば歯周病を予防したい場合は、菌の老廃物まで浄化してくれるものがおすすめです。また、朝や昼はホワイトニング用のハミガキでさっと黄ばみを落とし、唾液が減って菌が活発になる夜は、歯周病予防のハミガキにするなど、歯磨きのタイミングに合わせて使い分けるのも賢い方法です。

3.歯の磨き方
ペンのように持って、縦に磨きましょう。毛先が歯周ポケットに入るようにするのが正解です。磨いているときに音がするのは、強く磨きすぎている証拠。極細毛のハブラシが1か月もたない人も、強く磨きすぎです。力を入れすぎると、毛先が曲がって歯周ポケットに入らなくなります。また、歯の表面が傷つき、かえってざらざら感が出てしまうので、気をつけましょう。

4.歯磨きをするベストタイミングと回数
お口の中のばい菌が最も増えるのは朝起きてすぐなので、毎食後はもちろんですが、起床後にも歯を磨くのが理想です。ただし、起床後は食べかすがないので、時間がなければうがいだけでもOK。1回の歯磨きにかける時間は、最大15分までにしましょう。


写真:getty images


本件に関するお問合わせ先
ウーマンウェルネス研究会 事務局
TEL:03-4570-3167 FAX:03-4580-9155 Email:info@well-lab.jp

関連リンク
ウェルラボ ウーマンウェルネス研究会
http://www.well-lab.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング