崇城大学が9月29日に「第20回 崇城大学テクノファンタジー2019」を開催 -- 震災後4年ぶり。大学教員による小・中学生向け「科学の祭典」

Digital PR Platform / 2019年9月20日 14時5分

写真



崇城大学(熊本市西区)は9月29日(日)に「第20回 崇城大学テクノファンタジー2019」を開催する。これは、小・中学生を主な対象として、科学の実験を通して''不思議を探求する心''を持ってもらうことを目的としたイベント。今回は2015年以来4年ぶり、2016年に起こった熊本地震以降、初の開催となる。入場無料。




 「テクノファンタジー」は、大学教員を中心に学生らも参加して運営しており、過去の開催では小学生から大人まで2,000人以上が参加している。
 今回の出展は、ナノサイエンス学科「ペットボトルでサイエンす‼」、宇宙航空システム工学科「ドローン操縦教室」、情報学科「7色LEDで折り紙を光らせよう!」、応用微生物工学科「ミクロの世界で不思議発見‼」など、全部で約30テーマを予定。崇城大学の教員はもちろん、多くの学生スタッフも加わり、各分野の不思議、面白さをわかりやすく伝える体験型イベントとなっている。学食ランチや軽食もあり。
 概要は下記の通り。

◆「第20回 崇城大学テクノファンタジー2019」 概要
【日 時】 2019年9月29日(日)10:00~15:00
【場 所】 崇城大学 池田キャンパス(熊本市西区池田4丁目22-1)
【対 象】 小・中・高校生および一般 ※無料
【出 展】
・錯視体験とミニアート制作(総合教育センター)
・ロボットで遊ぼう!(機械工学科)
・ペットボトルでサイエンす‼(ナノサイエンス学科)
・VRとMRの体験コーナー(建築学科)
・ドローン操縦教室(宇宙航空システム工学科)
・7色LEDで折り紙を光らせよう!(情報学科)
・ミクロの世界で不思議発見‼(応用微生物工学科)
・「魔法」のメスシリンダー!(応用生命科学科)
・ペーパーバッグで恐竜をつくる(美術学科)
・万華鏡やお面づくりに挑戦してみよう!(デザイン学科)
・薬剤師の基本テクニック講座 薬包紙を使おう‼(薬学科)
 など、約30テーマ

■参考(過去のニュース/崇城大学公式サイト内)
・熊本日日新聞(2015年10月20日付)
  https://www.sojo-u.ac.jp/news/media/2015/151027_001037.html


▼本件に関する問い合わせ先
崇城大学 庶務課
住所:熊本市西区池田4丁目22-1
TEL:096-326-3111(代表)
メール:syomu@ofc.sojo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング