びわこ成蹊スポーツ大学と中国の同済大学国際サッカー学院が国際交流協定を締結

Digital PR Platform / 2019年10月4日 14時5分

写真



びわこ成蹊スポーツ大学(滋賀県大津市)は、中国・上海にある同済大学国際サッカー学院との間に国際交流協定を結んだ。中国の国家重点大学でもある同済大学の「国際サッカー学院」は、2017年に開設されたもの。また、びわこ成蹊スポーツ大学は、6月に男子サッカー部が第48回関西学生サッカー選手権大会で初優勝を果たしている。このたびの提携により、今後、両大学のサッカーチーム、学生、教職員の交流を促進し、特にサッカーに関する選手の留学、相互の強化遠征等を実施していく予定。




 同済大学の前身となる「同済独文医学・工学堂」は、1907年にドイツ人によって上海に開かれた。その後、キャンパスの拡大に伴い、理学、工学、医学、文学、法学の「五大学院」として知られる総合大学に発展。中国の国家重点大学でもあり、また、積極的に国際化を進めてきた歴史を持っている。
 同大が2017年に開設した「同済大学国際サッカー学院」は、サッカー学部として学士と修士を与える学部であり、中国全国から学生が集結している。
 現在は、トップ・新入生・女子の3部体制で構成され、施設面も天然芝2面・人工芝4面を大学構内に持つ恵まれた環境となっている。

 一方、びわこ成蹊スポーツ大学では、男子サッカー部が6月30日に行われた第48回関西学生サッカー選手権大会で初優勝。第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントに3年ぶり4回目の出場を果たした。また、これまでにJリーグにも多くの選手を輩出している。

 今回の提携は、両大学のサッカーチーム、学生、教職員の交流を促進するために取り交わされたもの。その中でもサッカーに関する交流として、選手の留学制度(短期・長期)、相互の強化遠征等を企画する予定。



・びわこ成蹊スポーツ大学HP
  https://biwako-seikei.jp/news/756


(参考記事)
・びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部の忽那喬司選手が愛媛FC、糸原紘史郎選手がガイナーレ鳥取に加入内定(2019.08.23)
  https://www.u-presscenter.jp/2019/08/post-42102.html

・びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部(男子)が関西選手権で初優勝 -- 総理大臣杯に関西地区第1代表として出場決定(2019.07.04)
  https://www.u-presscenter.jp/2019/07/post-41814.html

▼本件に関する問い合わせ先
 総合企画部 企画広報課
 住所: 滋賀県大津市北比良1204番地
 TEL: 077-596-8421


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング