中央大学が10月21~28日に「ボランティアウィーク」を開催 -- 学生の被災地におけるボランティア活動の写真展、報告会を実施

Digital PR Platform / 2019年10月16日 14時5分



中央大学は10月21日(月)~28日(月)、多摩キャンパスにおいて「ボランティアウィーク」を開催。同大ボランティアセンター公認学生団体による、地震や豪雨で被災した地域でのボランティア活動の写真展、報告会を実施する。申込不要、誰でも参加可能。




 中央大学ボランティアセンター公認学生団体に所属する学生は、継続して復興支援活動に取り組んでいる。今年の夏も、岩手県宮古市、宮城県女川町、気仙沼市、岡山県倉敷市真備町、熊本県西原村でのコミュニティ支援活動や、都内での防災・減災意識の大切さを伝える活動を行った。

 このたびの「ボランティアウィーク」では、今年の夏にボランティア活動を行った学生による報告会と写真展を実施する。

■「ボランティアウィーク」概要
1.写真展
【日時】
 10月21日(月)13:00~22:00
 10月22日(火)~26日(土)8:45~22:00
 10月28日(月)8:45~12:00
【場所】
 多摩キャンパス 中央図書館 1階展示スペース

2.活動報告会
【日時】
 10月23日(水)~25日(金)12:40~13:10
【場所】
 多摩キャンパス 6号館1階6102教室
【報告者】
・10月23日(水):チームくまもと(熊本県西原村)、チーム防災(都内活動)
・10月24日(木):チーム女川(宮城県女川町)、面瀬学習支援(宮城県気仙沼市)
・10月25日(金):はまぎくのつぼみ(岩手県宮古市)、ふらっと真備(岡山県倉敷市真備町)
【内容】
 活動報告や、団体の活動理念、目標、活動を通じて感じた課題などを発表します。

・中央大学HP
  https://www.chuo-u.ac.jp/usr/volunteer/news/2019/10/45943/

(参考記事)
・中央大学ボランティアセンター公認学生団体の学生約50名が、2月~3月にかけて東北・熊本でボランティア活動を実施(2019.02.19)
  https://www.u-presscenter.jp/2019/02/post-41006.html

※報道関係者の方へ
 ご取材いただける場合は、添付PDF「取材申込書」を中央大学広報室へFAXまたはE-mailにてご送付いただけますと幸甚です。ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

▼本件に関するお問い合わせ
 中央大学ボランティアセンター
 TEL:042-674-3487
 Email:chuo_volunteer@tamajs.chuo-u.ac.jp

▼取材に関するお問い合わせ
 中央大学広報室
 TEL:042-674-2050
 Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング