◆第28回「関西大学体育振興 大島鎌吉スポーツ文化賞」 受賞者が決定◆~受賞者:山口高志氏(野球)、坂井隆一郎(陸上)、喜多美結(デフテニス)、高野芹奈(セーリング)、宮原知子(スケート)など~

Digital PR Platform / 2020年3月2日 14時5分



関西大学ではこのたび、広く社会的なスポーツ文化の発展に貢献し、顕著な実績を残した団体および個人に贈る「関西大学体育振興大島鎌吉スポーツ文化賞」の受賞者を決定しました。




【本件のポイント】

・「五輪の哲人」とも称された偉大なるOB・大島鎌吉氏に由来する本学独自の文化表彰
・2019年度に活躍した本学アスリート21名ならびに3団体の功績を称える
・2020年東京オリンピック・パラリンピックムーブメントのさらなる機運醸成を図る


 今年度は、「広く社会的なスポーツ文化に貢献し、顕著な実績を残した個人」として、本学OBで元プロ野球選手の山口高志さんに同賞を授与します。本学体育会学生の部では、すでに東京2020大会の代表に内定しているセーリングの高野芹奈さんをはじめ、陸上100mで学生歴代7位の10秒12を記録した坂井隆一郎さん、デフテニス世界選手権で優勝した喜多美結さんらが受賞。

 また今回から、体育会に所属していない学生も表彰対象として拡大し、バトントワーリング世界大会で優勝した畑森美玖さん&古野宏汰さんペアや、ICUチアリーディング世界選手権大会の優勝チームメンバー(鬼丸辰也さん、平俊哉さん、吉野明里さん)、全日本モトクロス選手権で優勝した久保まなさんらにも同賞を授与します。

■「関西大学体育振興大島鎌吉スポーツ文化賞」とは
 1932年のロサンゼルス五輪・陸上三段跳びで銅メダルを獲得、そして1964年の東京五輪の招致に貢献し、同大会の日本選手団の団長等を務めるなど、五輪の哲人と称された本学OBの故大島鎌吉氏の偉業を偲び、本学が1988年に創設した文化表彰制度。過去受賞者のなかには、清水希容選手(空手、本学卒業生)や高野芹奈選手(セーリング、本学在学中)など、東京2020大会に出場予定の選手も。

【受賞者(敬称略)】
<広く社会的なスポーツ文化に貢献し、顕著な実績を残した個人> 山口 高志 
<顕著な成績を収めた本学学生(個人・団体)> 計21名、3団体
・坂井 隆一郎(陸上競技部、2019日本学生個人選手権100m優勝)
・喜多 美結(テニス部、第2回世界デフテニス選手権優勝 ※日本人初)
・高野 芹奈(ヨット部、2020年東京五輪・セーリング49FX級代表内定)
・宮原 知子(アイススケート部、2020年世界フィギュアスケート選手権出場) ほか

【備 考】
 3月6日(金)の授与式については、このたびの新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため例年より規模を縮小し、受賞者および大学関係者数名のみで実施します。クローズド形式での開催となりますこと、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。




▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2019/No78.pdf


▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。



▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング