クアンタムのActiveScale ソフトウェア、Veeam Ready オブジェクト・ソリューションに認定される

Digital PR Platform / 2020年8月26日 14時14分

日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、以下、クアンタム)は、S3対応オブジェクト・ストア・ソフトウェアであるActiveScale™ がVeeam® Readyオブジェクト・ソリューションに認定されたことを発表しました。 ActiveScaleオブジェクト・ストア・ソリューションがVeeam Readyであるクアンタム製品のリストに加わったことは、ソフトウェア定義型のアプローチを使用した企業内の非構造化データの保存と管理におけるクアンタムのリーダーシップ的な役割がさらに拡大することを意味します。

2020年3月、クアンタムは、大規模なスケールと最高レベルのデータ耐久性を提供するソフトウェア定義型のオブジェクト・ストアであるActiveScaleソリューションを買収しました。 ActiveScaleソフトウェアは、導入および管理が簡単であり、バックアップ・データを長期にわたって保持するための信頼できるソリューションを提供します。ActiveScaleソフトウェアは、自己修復型で高度なスケーラビリティを持つオブジェクト・ストレージ・システムとして設計されており、データを永続的に保持できるストレージ・インフラストラクチャを提供します。

Veeamは、バックアップ・ソリューション業界のリーダーであり、Cloud Data Management™を提供している企業です。同社はVeeam Readyプログラムをサポートしています。同プログラムは、Veeamの Technology Alliance Program(TAP)パートナーがVeeamの規定した機能および性能に関する基準を満たしていることを保証するためのソリューション認定プロセスを提供するものです。あるストレージ・ソリューションがVeeam Readyのステータスを取得している場合、そのストレージ・ソリューションがVeeam Backup & Replication™機能との互換性が保証されていることを意味します。

<アクティブ・アーカイブにおけるモメンタム構築>
ActiveScaleオブジェクト・ストレージの買収を、業界トップのテープ・プラットフォームと組み合わせることで、クアンタムのアーカイブ・コミュニティへの関与が高まるほか、顧客のアクティブ・アーカイブ・インフラストラクチャ分野におけるクアンタムの重点的な取り組みがさらに強化されます。アクティブ・アーカイブ・アライアンスは7月20日に、クアンタムが同組織に参加したことを発表しました。同組織は、増え続ける大量の非構造化データを管理するためのモダンなソリューションの設計および実装を行うための技術的な専門知識を、数十年にわたって共同でエンドユーザーに提供しています。クアンタムは、業界をリードする多くのストレージおよびITベンダーと協力することで、新しいアクティブ・アーカイブ戦略の策定、新しいアクティブ・テクノロジーの開発、およびアーカイブ・データの持つ隠れた価値を解き放つためのユースケースの水準を高めることに取り組んでいます。

Veeamのアライアンス担当および製品管理部門統括責任者であるAndreas Neufert氏は、次のように述べています。「クアンタムは長年にわたるVeeam Readyテクノロジー・パートナーであり、今回、ActiveScaleソフトウェアが当社の認定ソリューションに加わったことを歓迎します。ActiveScaleオブジェクト・ストレージがVeeam Readyに認定されたことで、クアンタムが効率性の高いアーカイブ機能を我々の共同顧客に提供できることを証明していますた。Veeamとクアンタムの連携により、お客様はプライベート・クラウドへの投資から最大限の価値を引き出すことが可能となります。」

クアンタムのセカンダリ・ストレージ部門統括責任者兼ゼネラル・マネージャであるBruno Haldは、次のように述べています。「ActiveScaleオブジェクト・ストア・ソリューションの買収は、当社の成長戦略における重要なステップであり、非構造化データの管理および保存に対する当社のソフトウェア定義型のアプローチに適合しています。今回Veeamの認定を受けたことは、お客様のためにActiveScaleオブジェクト・ストレージの価値を拡大するという当社のコミットメントをより明確に示す証拠となっています。

その他資料

Quantum ActiveScaleがVeeam Ready ソリューションに認定されるために受けたテストに関する 詳細情報 : https://www.veeam.com/kb3231
クアンタムのActiveScale製品に関する詳細: https://www.quantum.com/en/products/object-storage/
クアンタムが後援主催するIDC Vendor Spotlightの『Managing Unstructured Data Growth Requires the Fresh Approach(増大する非構造化データの管理は新たなアプローチを必要としている)』(2020年1月号)のダウンロードはこちら:  https://www.quantum.com/globalassets/documents/idc-vendor-spotlight.pdf


クアンタムについて
クアンタムの技術とサービスは、お客様のデジタル・コンテンツのキャプチャ、作成、共有を支援し、長期にわたって保存および保護します。データ・ライフサイクルのあらゆる段階に最適なソリューションを搭載したクアンタムのプラットフォームは、高解像度ビデオ、画像、産業用IoTに、最速のパフォーマンスを提供します。これが、世界中の大手エンターテインメント企業、プロスポーツチーム、研究機関、政府機関、大企業、クラウド・プロバイダーがクアンタムで世界を幸福に、安全に、スマートにしている理由です。その方法については https://www.quantum.com/jp
をご覧ください。

お問い合わせ
日本クアンタムストレージ株式会社( https://www.quantum.com/jp/

email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-5786-0086(代表)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング