産学官協働で希薄な濃度に対応可能なCO2回収・資源化プロセス確立に向けた技術開発と実用化を加速

Digital PR Platform / 2020年9月9日 10時1分

写真

「電気化学プロセスを主体とする革新的CO2大量資源化システムの開発」がNEDOのムーンショット型研究開発事業に採択

 国立大学法人 東京大学、国立大学法人 大阪大学、国立研究開発法人 理化学研究所、宇部興産株式会社、清水建設株式会社、千代田化工建設株式会社、古河電気工業株式会社(以下「共同研究者」)は共同で、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「ムーンショット型研究開発事業/2050年までに、地球再生に向けた持続可能な資源循環を実現」に係る公募に対し、「電気化学プロセスを主体とする革新的CO2大量資源化システムの開発」プロジェクトを提案し、採択されましたのでお知らせ致します。

1.概要
 社会活動により生じる温室効果ガスの中でもCO2が占める割合は非常に高く、地球環境の保全のためには、さらなる温室効果ガス削減が必要です。日本は、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」(2019年6月11日閣議決定)において、2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減に取り組むことを宣言しており、温室効果ガスの削減は、緊急対策が必要な地球規模の大きな問題であります。

 また、2019年に示された「カーボンリサイクル技術ロードマップ(2019.06経済産業省)」においては、CO2を資源として捉え、有効利用する「カーボンリサイクル技術」を通して、排出量を抑制する方針が示されており、革新的な技術開発が求められています。

 このような状況において、NEDOは、ムーンショット目標4「2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現」の達成を目指す研究開発プロジェクトに着手し、共同研究者が、本研究開発事業の委託先として採択※されました。

 本事業の委託期間は2020年度から2029年度の最大10年間の計画です。電気化学技術を主体とし、400ppm~15%程度の幅広い濃度範囲の気体中CO2濃度に対応し、かつ分散配置が可能なCO2回収・有用化学原料への還元資源化プロセスの開発を目指します。

 具体的には、大気中に放散された希薄なCO2および放散される前のCO2を回収して、再生可能エネルギーを駆動力として、電気化学的に富化/還元し、有用化学原料を生成するプロセスまでの統合システムを開発し、カーボンリサイクルの基盤を構築します。

 共同研究者は、今回の事業採択を受け、希薄な濃度に対応可能なCO2回収・資源化に係る革新的技術を産学官の協働により開発するとともに、統合システムの実用化と普及に向けた取り組みを加速します。

2.事業内容
  研究開発プロジェクト名 「電気化学プロセスを主体とする革新的CO2大量資源化システムの開発」

  プロジェクトマネージャー 国立大学法人東京大学先端科学技術研究センター 教授 杉山 正和


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1782/41176/650_443_202009081601275f572c475012e.jpg


開発を目指すシステム概念図

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1782/41176/700_464_202009081200315f56f3cfa48b9.jpg


事業期間:2020年度から最大10年間

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【※】2020年8月26日リリース
「地球環境再生を目指すムーンショット目標で13件の研究開発プロジェクトを採択」
<リンク先URL>
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101346.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング