ユニクロKnitのものづくりのこだわりが凝縮 UNIQLO TOKYO “LifeWear SQUARE”にて Creating a New Standard in Knitwear 期間限定展示中

Digital PR Platform / 2020年9月17日 12時33分

写真

LifeWearを象徴するニットのものづくりを表現 ホールガーメント®横編み機が目の前で編むインスタレーションも


ユニクロのグローバル旗艦店UNIQLO TOKYOでは、ユニクロのLifeWearを象徴するアイテムである「ニット」をテーマにした特別展示を10月11日まで行っています。ユニクロニットに凝縮されたものづくりのこだわりをアート、サイエンス、クラフトマンシップの3つのテーマで表現。低価格なのに高価値なユニクロニットのものづくりの秘密やイノベーションを体験型の展示でお伝えしています。

SCIENCE:ライゾマティクス・アーキテクチャー制作の3Dニットインスタレーション。
[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/593/41427/667_150_202009171158595f62d0f370354.JPG
ホールガーメント®という無縫製ニットの横編み機がライブでニットを編む様子を観ることができます。ライゾマティクス・アーキテクチャー 制作の迫力のインスタレーションです。また、立体的で美しく快適な3Dニットが編まれていく過程を表現するマネキン展示も。

CRFTMANSGIP:生産現場で使われている道具
[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/593/41427/445_150_202009171159075f62d0fbde930.JPG
厳しい基準で、職人が一つ一つ丁寧に作っているユニクロのカシミヤセーター。実際の生産工程を、原毛から仕上げまで、現場で実際に使われている道具や素材、サンプルなどの展示を通して、そのこだわりをご紹介しています。

ART:スタイリング
[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/593/41427/221_150_202009171159075f62d0fbd874c.JPG
色鮮やかなニットの着こなしに華を添えるのは資生堂トップヘアメイクアップアーティスト原田忠氏によるヘットピース。一つ一つ丁寧に作りこまれた20体のマネキンは圧巻です。


グローバル旗艦店 UNIQLO TOKYO
UNIQLO TOKYO
6月に東京・銀座にオープンした国内最大級のグローバル旗艦店 [画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/593/41427/350_199_202009171159075f62d0fbd8aec.JPG
トータルクリエイティブディレクターに佐藤可士和氏、デザインチームには建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞 したスイスの建築家ユニット、ヘルツォーク・アンド・ド・ムーロンを迎えた。1階から4階までを貫く大きな吹き抜けを設けた、解放感あふれる店内。
吹抜け1階部分には、ユニクロの“LifeWear”を体現する“LifeWear Square”エリアを設置。LifeWearを体現する店舗として、より上質で高品質な店舗を目指します。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング