【箱根小涌園 三河屋旅館】錦秋の箱根に創業140年の名旅館が復活

Digital PR Platform / 2020年10月2日 15時20分

写真

10月2日(金)営業開始

 藤田観光株式会社リゾート事業部(執行役員リゾート事業部長: 恩田 豊)は、小涌谷の高台に佇む明治16年(1883年)創業の老舗旅館を引き継ぎ、2020年10月2日(金)に「箱根小涌園 三河屋旅館」として新たに開業いたします。
 
 三河屋旅館は「中国革命の父」と言われる孫文や画家の竹久夢二、歌人の与謝野晶子など、これまでに多くの文人墨客が宿泊してきた箱根でも指折りの名旅館です。国登録有形文化財になっている旅館の中心「本館」には、職人の技が際立つ見事な唐破風があり、創業当時の趣を残すラウンジからは眼前に迫る箱根浅間山や、遠くに明星ヶ岳や明神ヶ岳などが連なる箱根外輪山を見渡せます。眼下には大正時代に開かれた庭園「蓬莱園」が広がり、錦秋に染まる箱根の山々をとともに一幅の絵の様な壮大なパノラマが広がります。

 この度の開業で全室ベッドスタイルになった全25室の客室は、孫文の揮毫が飾られた部屋や、露天風呂付きの離れなどそれぞれ個性的な特徴を持ちます。10室ある露天風呂付きの客室は、コロナ禍において人との接触をなるべく避けたいお客様におすすめです。また、半露天風呂の貸切風呂もあり、レトロな雰囲気のなか、周りに気兼ねをすることなく小涌谷温泉を楽しめます。

 夕食には米麹甘酒を使ったオリジナルメニュー「三河屋鍋」をご用意。神奈川県産のやまゆり牛にやまゆり豚、御殿場産の地鶏、大平台の姫乃水豆腐など地場産の食材を豊富に取り入れた特製鍋は、甘酒の風味を活かした濃厚なスープで肉や野菜をいただく新しい名物料理となる三河屋オリジナルレシピです。野趣あふれる静岡産の野生鹿には柚子胡椒を合わせると絶品です。お食事場所となるダイニングは、お隣との間隔を十分にあけた配置になっており、半個室タイプのお席もご用意していますので安心してご利用いただけます。

 建物の外観はそのままに、防音、断熱効果を向上させる内サッシの導入や浴槽など水回りの改修、ご年配の方や外国人も使いやすいベッドスタイルへの変更や新たな名物料理の提供など、新しい魅力と快適な滞在をご提供することで、箱根観光の活性化に少しでも寄与できればと考えています。
[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/135/41897/600_234_202010021426285f76ba04f1a22.jpg

■箱根小涌園 三河屋旅館 概要
住所: 〒250-0406 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷503
交通アクセス: 箱根湯本駅から路線バス(箱根登山バス、伊豆箱根バス)で約20分。「蓬莱園」下車徒歩すぐ
駐車場: 15台(宿泊者無料)
総客室数: 25室
お風呂:大浴場、貸切風呂、客室風呂、客室露天(一部客室)
温泉泉質: 離れ/アルカリ性単純泉、低張性、アルカリ性、高温泉
本館・別館/単純温泉、低張性、弱アルカリ性、高温泉
予約: TEL 0465-43-8541 9:00 ~ 18:00
公式ホームページ:  https://www.hakonekowakien-mikawaya.jp/
[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/135/41897/600_269_202010021432025f76bb528ffbe.jpg
※平日1泊2食付2名1室利用時のお1人さまのご料金となります。
※サービス料込、消費税・入湯税は別途お預かりいたします。
箱根小涌園 三河屋旅館の新型コロナウイルス感染症対策は、公式ホームページをご覧ください。
公式ホームページ  https://www.hakonekowakien-mikawaya.jp/


本件に関するお問合わせ先
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-7-25 小田原栄町ビル3階
藤田観光株式会社 リゾート事業部 マーケティング室
松山・平松
TEL:0465-20-0261 / FAX:0465-43-8698

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング