ヤッホーブルーイングが2020年度「ポーター賞」受賞

Digital PR Platform / 2020年10月30日 15時23分

写真

独自性ある優れた戦略を実行している企業として、クラフトビール業界で初めて受賞

株式会社ヤッホーブルーイングは、独自性のある優れた戦略を実行している企業を表彰する2020年度「ポーター賞」(主催:一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻)をクラフトビール業界で初めて受賞しました。エールビールに特化して個性あるクラフトビールを開発している点や、ファンとの強い関係性づくりをしている点が評価されました。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42669/450_253_202010301245415f9b8c652afaa.jpg

ポーター賞とは
製品、プロセス、経営手腕においてイノベーションを起こし、これを土台として独自性がある優れた戦略を実行し、高い収益性を達成・維持している企業を表彰する賞です。2001年7月に創設されました。賞の名前は競争戦略論の第一人者であるハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授に由来しています。2020年度は「株式会社トリドールホールディングス 丸亀製麺事業」「株式会社ミルボン」「楽天銀行株式会社」「株式会社ヤッホーブルーイング」の4社が受賞しました。
https://www.porterprize.org/index.html

受賞の理由


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42669/300_200_202010301248435f9b8d1bbef7f.jpg
[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42669/300_200_202010301246535f9b8cad885b7.jpg


(1)主流のラガービールではなくエールビールにこだわる
ビール市場の99%を占めるラガービールではなく「エールビール」に特化したクラフトビールづくりをしています。
(2)100人に一人が強く共感することを目指した製品開発
製品開発においては100人に一人が強く共感することを目指し、明確なペルソナ設定のもと、個性的な味わい、製品ネーミング、パッケージを開発。結果個々の製品に明確な個性が生まれ、顧客からの強い共感を得ています。
(3)ファンとの強い関係づくり
自らを「ビール製造・サービス業」と定義し、多様で個性的なクラフトビールの提供だけでなく、自社単独でリアル・オンラインでファンが集まるイベントや参加型プロモーションを開催。2018年に開催した「よなよなエールの超宴」には約5,000人のファンが集まりました。


株式会社ヤッホーブルーイング



[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42669/250_167_202010301419345f9ba266b8a8f.jpg


「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと日本のビール文化にバラエティを提供し、お客様にささやかな幸せをお届けするという想いで、品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビールを製造しています。フラッグシップである『よなよなエール』は日本を代表するクラフトビール*としてご好評いただいています。今後もより美味しいビールづくりを目指し、お客様に幸せをお届けできるよう努力して参ります。

*クラフトビールとは小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのことを指します。









この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング