【京都産業大学】太陽系起源の解明につながる特殊な低温度新星爆発を発見

Digital PR Platform / 2021年2月12日 20時5分

写真



京都産業大学 神山天文台とアマチュア天文家からなる研究グループは、2020年7月に発見された「カシオペア座新星2020」を調査し、可視光極大付近の低分散分光スペクトルから、低温度環境でしか存在できない炭素分子およびシアンラジカル分子の同時検出に成功した。




京都産業大学 神山天文台らの研究グループは、新星においては世界2例目となる炭素分子およびシアンラジカル分子(炭素原子と窒素原子が結合した不対電子を持つ分子)の同時検出に成功した。
新星爆発における炭素分子、シアンラジカル分子の生成は、本学が2014年に世界で初めて発見した現象であり、新星爆発の爆発メカニズムの解明だけでなく、太陽系の起源の解明にもつながる重要な研究となる(図1)。
今回の観測には、岡山県在住のアマチュア天文家が大きく貢献されており、神山天文台における生涯教育の一環として行ってきた、学外・市民研究者との協働の成果でもある。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

<関連リンク>
特殊な低温度新星爆発を発見:カシオペア座新星2020(V1391 Cas)において炭素分子とシアンラジカル分子の検出
https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20210202_859_nova.html

京都産業大学神山天文台
https://www.kyoto-su.ac.jp/observatory/

▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング