東日本大震災から10年、横浜高島屋で東北3県のグルメを集めた「みちのく いいもん うまいもん」開催!

Digital PR Platform / 2021年3月2日 10時23分

写真

東日本大震災から10年、東北の「元気」を伝えます!
岩手・福島・宮城、東北3県のご当地グルメが横浜髙島屋に大集合!!

「みちのく いいもん うまいもん」

横浜高島屋8階催会場
3月3日(水)~8日(月)
※連日午前10時30分~午後7時まで開催、最終日は午後5時閉場。
※状況により営業時間が変更になる可能性がございます。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/500_500_20210302095340603d8c94927a8.jpg


2011年に発生し、未曾有の被害をもたらした東日本大震災からもうすぐ10年。横浜高島屋では、3月3日より8日までの期間、東北3県のグルメを集めた「みちのく いいもん うまいもん」を開催。この催事は東日本大震災で被災した中小企業・小規模事業者等の販路開拓の支援を目的に、独立行政法人 中小企業基盤整備機構が主催し、被害の大きかった岩手、宮城、福島の3県にスポットをあてた物産展です。各県に伝わる伝統料理から、震災後に生まれた新たな名物料理など幅広く紹介しながら、震災発生から10年の東北の今を伝えます。

主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構
共催:岩手県、(公財)いわて産業振興センター、宮城県、福島県
後援:中小企業庁、東北経済産業局、近畿経済産業局

○写真家・村山嘉昭氏『花は咲く 被災地の10年』写真展示コーナー設置
震災直後に宮城県沿岸部へ入り、取材を行う中で「今年ほど桜が美しいと思ったことはない」「桜の花が辛かった冬の終わりを報わせてくれた」という出会った被災者からの言葉に、『厳しい現実と寒さを乗り越えて咲いた桜に自分自身を投影し、桜の花に勇気づけられた人は少なくない』と感じ、桜と被災地を撮り続ける村山嘉昭氏。東日本大震災が発生した2011年から2019年までに撮られた39枚の写真を1枚の大きなパネルにして展示します。


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/400_272_20210302095412603d8cb4d6be1.jpg




[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/400_269_20210302095416603d8cb82efea.jpg


【村山嘉昭氏プロフィール】
1971年生まれ、横浜市出身。日本写真家協会会員テレビ・ラジオ番組の広報撮影、農業系出版社勤務を経て2005年に独立。東日本大震災後は毎春、東北被災地に咲く桜の撮影を続けている。

○<かき松島こうは>(宮城県宮城郡) ※実演販売
日本三景のひとつ松島に店を構える牡蠣専門店。震災により発生した津波により、松島五大堂店は壊滅的な被害を受け廃業するも、松島海岸駅前店は多くの方々の協力により再建。いまでは、松島海岸駅前2号店、仙台駅東口店とともに地元の人気店となっています。
今回の催事では、140~150度の低温の油でゆっくりと揚げた、旨味の詰まったカキフライのほかカキ串やカキオイル漬などを提供します。


[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/450_360_20210302095409603d8cb1c894b.jpg

カキフライ(100g)…648円


○<ヤマサコウショウ>(宮城県石巻市)
昭和9年創業の水産加工会社<ヤマサコウショウ>。震災では、旧北上川近くの事務所と工場のほとんどが壊滅するなど甚大な被害に遭いましたが、困難に負けることなく震災後3カ月で工場の一部を再開にこぎつけ、翌年12月には新たな試みとして直売店をオープンしました。

今回、販売する「牛タンつくね」は、震災後に開発した渾身の一品で、牛タンの旨味・食感を閉じ込めた石巻の新名物。宮城名産の牛タンに国産の若鶏を使用した贅沢なつくねです。

牛タンつくね(10本)…1,080円


○<丸光製麺>(宮城県気仙沼市)
ラーメンなどの麺類の製造を手掛ける<丸光製麺>。震災による津波被害により、気仙沼市の工場が全壊するも翌日には工場再建を誓い、翌年11月に、内陸の一関市に新工場で操業開始。多くのファンに支えられながら営業を再開しました。

サメの水揚げ量日本一を誇る気仙沼産のふかひれをふんだんに使った「気仙沼海鮮ふかひれ生ラーメン」は、全国にもファンが多い人気商品です。


海鮮ふかひれ生ラーメン(3食入り)…3,888円


○<三陸みがき屋>(岩手県大船渡市)
前身である合資会社シャインは、1998年に大船渡市に設立。岩手県釜石市、宮城県気仙沼市にも工場がありましたが、東日本大震災で被災。工場長を含め従業員10数名が犠牲になりました。一度は廃業を考えるも、高い加工品開発力と地元からの信頼を糧に2020年11月に株式会社シャインとして新たに再スタートを切りました。三陸の豊かな自然に恵まれた大船渡で、地域に眠る“未利用資源”を活用し、ユニークな地産品の開発を行っています。



[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/300_409_20210302095357603d8ca5188b8.png


生うにの粉塩(200g)…3,240円


○<かに船> ※実演販売
創業40年、福島県いわき市にお店を構える蟹料理専門店。かにの身とかにみそを炊き込んだ人気の「かにみそめし」にいわき名物の「うに貝焼き」とえび・あわび・いくら・かに・ほたてを贅沢に盛り付けた横浜髙島屋限定商品もご用意します。


[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/400_400_20210302095349603d8c9d7390f.jpg

うに貝焼きとあわびの海鮮弁当…2,160円<各日50点限り>


○<老麺 まるや>  ※イートイン
昭和29年創業より出雲大社の隣に店を構える人気店。澄んだ琥珀色の醤油スープに、チャーシュー、シナチク、ナルトとネギをトッピングした懐かしさを感じさせる<老麺 まるや>の喜多方ラーメン。材料はすべて国産にこだわり、豚や鶏、魚介と野菜からとる合わせ出汁はあっさりした中にもコクを感じられる一杯として、地元のみならず観光客からも絶大な支持を得ています。


[画像7]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/400_400_20210302095732603d8d7c7e38f.jpg

喜多方ラーメン…825円


○<farm usui>(福島県須賀川市)
約300年前から福島県須賀川市で農業を営む<薄井農園>がてがけるジェラート工房。
福島県岩瀬地方にある牧場のしぼりたての生乳と農園で収穫された新鮮でおいしい農産物を使った無添加にこだわったジェラートです。

ジェラート(いちごミルク・ミネラル塩ミルク)…450円


○<ちゃちゃちゃ本舗>(岩手県盛岡市)
岩手県にある創業50年以上の老舗茶屋<堀江茶舗>がプロデュースするお茶とスウィーツを中心としたカフェ。岩手県西和賀町の特産である「西わらび」の根から精製した本わらび粉でつくるわらび餅はぷるんとした食感が人気。今回、横浜高島屋限定でこの人気のわらび餅を使ったクリームあんみつを販売します


[画像8]https://user.pr-automation.jp/simg/327/45531/400_290_20210302095921603d8de9608d3.jpg

わらび餅ずんだクリームあんみつ…780円



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング