1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ご案内】日立東大ラボ・産学協創フォーラム「Society 5.0を支えるエネルギーシステムの実現に向けて(第4回)」~全員参加で考える持続可能なカーボンニュートラル社会の実現~

Digital PR Platform / 2021年10月26日 14時5分

写真



日立東大ラボの第4回産学協創フォーラムを開催いたします。
2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けたエネルギーシステムについて定量的に分析し、バックキャスティングに基づいた制度・政策の検証とエネルギーコストの社会負担について掘り下げます。また、エネルギー転換が地域社会や生活に対してどのような変化を与えるか、具体的な事例を示すとともに、複雑に交錯する課題を包括的に分析・評価して解決の議論を進めるための社会評価システムについて述べる予定です。





【ご案内】2021年12月1日(水)開催 日立東大ラボ・産学協創フォーラム
「Society 5.0を支えるエネルギーシステムの実現に向けて(第4回)」
~全員参加で考える持続可能なカーボンニュートラル社会の実現~

 日立東大ラボではこれまで「Society5.0を支えるエネルギーシステムの実現に向けて」提言を第3版まで発刊し、全国に拡張する基幹エネルギーシステムと地域の分散エネルギーリソースの協調メカニズムの必要性と、協調メカニズムを支えるためのオープンなデータ公開と検証可能なプラットフォームの必要性、さらにカーボンニュートラル社会の実現には従来のエネルギーセクター中心の施策に留まらない社会全体の参画が不可避であることを述べてきました。世界規模で進むカーボンニュートラル社会の挑戦は、地球温暖化を抑制した持続可能でレジリエントな社会を構築するとともに、エネルギー転換に伴う社会負担や産業国際競争力の堅持、豊かな生活水準の構築といった将来の日本の国家像に大きな影響を与えます。
 第4回の産学協創フォーラムでは、2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けたエネルギーシステムについて定量的に分析し、バックキャスティングに基づいた制度・政策の検証とエネルギーコストの社会負担について掘り下げます。また、エネルギー転換が地域社会や生活に対してどのような変化を与えるか、具体的な事例を示すとともに、複雑に交錯する課題を包括的に分析・評価して解決の議論を進めるための社会評価システムについて述べる予定です。

■開催概要 日立東大ラボ・産学協創フォーラム
「Society 5.0を支えるエネルギーシステムの実現に向けて(第4回)」
~全員参加で考える持続可能なカーボンニュートラル社会の実現~
 日時:2021年12月1日(水) 13:00~17:55
 会場:オンラインにて開催
 主催:日立東大ラボ

■プログラム詳細:別紙参照

■視聴申込み・お問い合わせ(申込〆切:2021年11月30日(火))
 以下よりお申し込みください。
  http://www.ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp/2021/10/20/news032/



 ご不明点ございましたら、以下へお問い合わせください。
 20211201forum [at] ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp
※ [at]を@に置き換えてください。

■取材申込
 本フォーラムの取材をご希望される場合は、2021年11月22日(月)までに、
 20211201forum [at] ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp
 まで御連絡くださいますようお願いいたします。
※ [at]を@に置き換えてください。
※ 件名は「【12/1】フォーラム取材申込(御所属名)」としてください。
※ メールにて、下記事項をお知らせください。
 申込記入事項:
 1.貴社名
 2.部署名・役職
 3.ご芳名(ふりがな)
 4.貴社所在地
 5.電話番号
 6.E-mail

■留意事項
※フォーラム当日の講演者への個別取材のお時間は設けておりませんので、予めご了承ください。
※オンラインフォーラム視聴時は「貴社名・ご芳名」が分かるようにアカウントをご設定頂きますようお願いいたします。


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング