1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

BAT、「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)」の構成銘柄に20年連続で選定 ~たばこ会社として唯一、World Indexの構成銘柄に組み入れ~

Digital PR Platform / 2021年11月19日 15時15分

本リリースは、2021年11月15日に発表されたものの日本語抄訳版です。


BAT、「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)」の
構成銘柄に20年連続で選定
~たばこ会社として唯一、World Indexの構成銘柄に組み入れ~




BATは20年連続でサステナビリティ・リーダー(Sustainability Leader)に認められ、たばこ会社として唯一「Dow Jones Sustainability World Index(DJSI World)」の構成銘柄に選定
BATは24項目中11項目で業界トップとなり、DJSIに選定されたたばこ会社の中で最高スコアを獲得(※1)
BATは86%の全体スコア(※1)を獲得し、業界平均値の43%を43ポイント上回る
BATは「A Better Tomorrow(TM)(より良い明日)」を築くという目標を掲げ、持続可能性を事業活動の中心に据えている


【11月15日 ロンドン】 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下「BAT」)は、「Dow Jones Sustainability(以下、DJSI)」の構成銘柄に20年連続で選定され、また、たばこ会社で唯一「DJSI World Index」に再度選定されました。World Indexは1万社を超える評価対象企業の上位10%のみで構成される銘柄です。

BATは2021年に、評価項目全24項目のうち、11項目で業界最高スコアを獲得し、そのうち6項目で最高スコアとなる100%を達成しています(※1)。

BATの最高マーケティング責任者(CMO)、キングズリー・ウィートン(Kingsley Wheaton)は次のように述べています。

「毎年発表されるDJSIの構成銘柄に20年連続で選定され、また再度、DJSI World Indexにランクインされたことを非常に光栄に思います。」

「当社は、健康へ及ぼす影響を低減させることにより『A Better Tomorrow(TM) (より良い明日)』を築くという目標を掲げ、持続可能性を事業活動の中心に据えています。それに基づき当社は、紙巻たばこからの移行を加速するため、消費者が楽しめるリスク低減(*†)製品への投資を行っています。」

「当社が将来性のあるブランドを構築し、多様な製品カテゴリーを持つ消費財メーカーとなっていくにあたり、当社は2025年までに新しいカテゴリー製品の売上50億ポンド、2030年までに非燃焼性製品の消費者5,000万人を達成するという、明確な目標を設定しています。」

「BATは2001年にグループ全体で初めて環境安全衛生(EHS)システムを確立して以来、持続可能性を事業や企業理念の中核に据え、BAT生物多様性パートナーシップや独立したプログラムで社会的な対話を促進してきました。2022年3月には20回目のESGレポートを発表する予定です。」

「当社は継続的に、資源使用量の削減、自然環境保護、生産者やコミュニティの生活の向上、強固なコーポレート・ガバナンス基準を維持するための新たな方法を追求していきます。」


S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(Dow Jones Indices)社が開発したDJSIは、企業の持続可能性を評価する絶対的基準を示しています。2021年はサステナビリティへの取り組みについて、ESG(環境・社会・ガバナンス)の基準に基づき1万社以上の企業に対して評価を行いました。このうち、上位10%の企業のみがコーポレート・サステナビリティのリーダーとして認められ、DJSI World Indexの構成銘柄に選定されました。

BATはたばこ会社として初めて選定されて以来、20年連続でDJSIの構成銘柄に組み入れられており、グローバルにおいてのサステナビリティ・リーダーとしての地位を確立してきました。BATはMSCIでもBBBの格付けを得ており(※2)、SustainalyticsのESG格付けでは26.8ポイントを獲得しています(※3)。
今回の発表は、BATが、自社の事業が健康に及ぼす影響を低減することで「A Better Tomorrow(TM)(より良い明日)」を築くという目標を達成するために継続的な取り組みを行っていることを改めて実証しています。

BATは本年10月にも、国連主導のグローバルキャンペーン「Race to Zero(レース・トゥ・ゼロ)」( https://racetozero.unfccc.int/join-the-race/)に加盟し
、科学に基づく目標(SBT)として、2050年までにバリューチェーン全体におけるネットゼロ・エミッション(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の達成を目指す( https://www.bat.com/group/sites/UK__9D9KCY.nsf/vwPagesWebLive/DOC7SGL2)ことを発表しています


S&PグローバルのESGリサーチ部門のグローバル責任者、マンジット・ジャス(Manjit Jus)氏は次のように述べています。

「BATが『Dow Jones Sustainability World Index』の構成銘柄に選定されたことに祝意を表します。DJSIに選定されたことは、業界におけるサステナビリティ・リーダーであることを示しています。2021年S&Pのグローバル・コーポレート・サステナビリティ評価(S&P Global Corporate Sustainability Assessment)に参加する企業数は過去最多となり、ESG情報の開示と透明性を求める動きが拡大していることの証と言えます。」

BATグループについて
BATは、1902年に設立された、消費者向けマルチカテゴリー製品のリーディングカンパニーです。以下の取り組みにより、我々の事業が健康に及ぼす影響を低減することによって、「より良い明日(A Better Tomorrow(TM))」を築くことを目指しています。


消費者の皆様にお楽しみいただける、そしてリスク低減の可能性を秘めた製品(*†)の選択肢を増やすこと
燃焼性たばこには重大な健康リスクがあり、それを避ける唯一の方法は、喫煙を始めないか、禁煙するしかないことを明確に示すこと
喫煙を続けることを選択した消費者に対して、科学的にリスク低減の可能性を示す代替製品(*†)への完全な移行の促進
BATの変革を追跡し、進捗状況を公表すること

BATは、2030年までに非燃焼性製品の消費者を5,000万人に増やすこと、2025年までに新カテゴリー製品の売上が少なくとも50億ポンドを達成する目標を公表しています


注記:
※1:評価日: 2021年11月12日
※2:MSCI ESG格付けは、業界において長期的なESG(環境、社会、ガバナンス)リスクに対する企業の耐性を測定するように設計されています。
※3:SustainalyticsスコアはESGリスクの度合いを、最も低い0から最大の100までの数値で評価しています。BATのESGリスク格付けは、BATが評価対象に含まれる業界グループで16番目に位置しています。
* たばこ喫煙からの完全な移行を想定した化学的根拠の重要性に基づくもの。これらの製品が全くリスクを阻まないことはなく常習性もある。
†Vuse、VELO、Grizzly、Kodiak、Camel Snusを始め、米国内で販売されているBAT製品は、アメリカ食品医薬局(FDA)の規制対象であり、FDAの認可を得ずにこれらの製品の健康リスク低減に関する文言を使用することはありません。


BAT Group Press Releases
This release contains certain forward-looking statements, including "forward-looking" statements made within the meaning of the U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995. These statements are often, but not always, made through the use of words or phrases such as "believe," "anticipate," "could," "may," "would," "should," "intend," "plan," "potential," "predict," "will," "expect," "estimate," "project," "positioned," "strategy," "outlook", "target" and similar expressions. These include statements regarding our customer target ambition, New Categories revenue targets and our ESG targets.
All such forward-looking statements involve estimates and assumptions that are subject to risks, uncertainties and other factors. It is believed that the expectations reflected in this release are reasonable but they may be affected by a wide range of variables that could cause actual results to differ materially from those currently anticipated. A review of the reasons why actual results and developments may differ materially from the expectations disclosed or implied within forward-looking statements can be found by referring to the information contained under the headings “Forward-looking statements” and "Group Principal Risks" in the 2020 Annual Report and Form 20-F of British American Tobacco p.l.c. (BAT).
Past performance is no guide to future performance and persons needing advice should consult an independent financial adviser. The forward-looking statements reflect knowledge and information available at the date of preparation of this release and BAT undertakes no obligation to update or revise these forward-looking statements, whether as a result of new information, future events or otherwise. Readers are cautioned not to place undue reliance on such forward-looking statements.
Additional information concerning these and other factors can be found in BAT's filings with the U.S. Securities and Exchange Commission ("SEC"), including the Annual Report on Form 20-F and Current Reports on Form 6-K, which may be obtained free of charge at the SEC's website, http://www.sec.gov
and BAT’s Annual Reports, which may be obtained free of charge from the British American Tobacco website www.bat.com.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください