アメリカ農務省、大豆が乳児の骨密度をあげる事を、子豚の骨質比較試験で確認!

DreamNews / 2012年3月8日 16時30分

写真

世界約80カ国で大豆市場の拡大、輸出促進を目的とした幅広いマーケティング活動をおこなっているアメリカ大豆協会 日本事務所(本部:米国 ミズーリ州 U.S. Soybean Export Council)は、アメリカ農務省農業研究局が乳児の骨の発達への影響を調べるために行った、豚の母乳、牛乳、大豆の粉ミルクの比較試験結果をお知らせいたします。

アメリカでは、農務省農業研究局(USDA・ARS)にて大豆を用いた粉ミルクの開発を行なっています。試験の対照には牛乳からできた粉ミルク、母乳があり、乳児の骨の発達への影響を見ています。まだ、短期間、長期間の大豆が及ぼす影響については知られていませんが、ARSが資金を提供して不足している知識を埋めるべく試験を行なっています。

この試験では、豚の消化器系は人間に近いものとされているのでモデルとして最適である子豚が用いられ、豚の母乳、牛乳、大豆の粉ミルクで比較試験を行ないました。

今回の比較試験により、大豆の粉ミルクを与えた子豚の骨密度が、牛乳を与えた子豚の骨密度を13%上回ったと発表しており、大豆給与の子豚が最高の骨質となる結果が得られました。このことから、大豆には骨の形成を強化するBMP2(骨形成促成因子)による信号が直接影響しているのではないかと考えられています。BMP2による信号、メッセージは骨形成、再生に不可欠です。この研究では初めて大豆に関連するBMP2の影響を研究したものです。
アメリカ農務省のサイト   http://www.ars.usda.gov/is/pr/2012/120119.htm

【アメリカ大豆協会】     http://www.asaimjapan.org/                                                        
アメリカ大豆協会は、68万人の大豆生産者を代表し、世界約80カ国で市場拡大、輸出促進を目的とした幅広いマーケティング活動をおこなっています。 日本の飼料畜産業界を様々な情報で支援しています。

【本件に関するお問い合わせ】
アメリカ大豆協会 担当: 前川
Tel: 03-5563-1414 Fax: 03-5563-1415

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング