Bluetooth SIG、Bluetooth World 2013の開催を発表 Bluetooth(R)テクノロジーのイノベーション、成長トレンド、新製品を紹介する業界イベント

DreamNews / 2013年2月20日 14時0分

Bluetooth World 2013を4月10日および11日に上海(中国)で開催します。現在のBluetooth SIGメンバー、今後登録を予定している企業に加え、業界の専門家、無線通信会社、アプリケーション開発者、ガジェットメーカー、メディアおよびアナリストが対象です。最新のBluetoothテクノロジーの紹介、市場トレンドの開設、技術および実装に関する詳細なトレーニングの実施されます。

Bluetooth Special Interest Group (本部:米国ワシントン州カークランド、以下 Bluetooth SIG)は、米国時間2013年2月11日、Bluetooth World 2013を4月10日および11日に上海(中国)で開催することを発表しました。本イベントは現在のBluetooth SIGメンバー、今後登録を予定している企業に加え、業界の専門家、無線通信会社、アプリケーション開発者、ガジェットメーカー、メディアおよびアナリストが対象です。2012年は、Bluetooth Smart ReadyおよびSmart対応テクノロジーの普及が急速に進んだ年となり、Bluetooth対応製品の出荷数が20億を超えたことを受け、Bluetooth World 2013では最新のBluetoothテクノロジーの紹介、市場トレンドの開設、技術および実装に関する詳細なトレーニングの実施が予定されています。

Bluetooth SIGのエグゼクティブディレクターであるMark Powellは次のように述べています。「Bluetoothは現在も進化を続けています。普通の製品がBluetoothによって次々とスマート化し、まったく新しいインタラクションが生み出されています。Bluetooth Worldの目的は、開発者やメンバー企業のイノベーションのサポートと促進、最新の成功事例のご紹介、Bluetoothの活用方法や将来に向けたアイデアの提案にあります。無線テクノロジーの将来に関心をお持ちの方はぜひご参加ください」。

Bluetooth World 2013では、著名なテクノロジーエキスパートであり作家でもあるRobert Scoble氏が基調講演を行う予定です。
Robert Scoble氏は次のように述べています。「テクノロジーが可能にする新しい世界は、クラウドベースのデータベース、コンテキストSDK、ソーシャルデータの成熟、オープンAPI、装着可能なデバイスと常時接続センサーなどの登場を背景に、コンテキストの時代へと突入しています。Bluetoothのような無線テクノロジーは、今後も続くこのような接続性とコンテキストのトレンドに大きな影響を与えるでしょう」。

2日間のイベントハイライト:
ベンダー紹介:最先端のBluetooth対応デバイスの展示
- Bluetooth SIGメンバー企業によるプレゼンテーション:最新の製品、アプリケーション、試作品の展示
- トレーニングとワークショップ(英語と標準中国語):テクノロジー、製品とアプリケーションの開発、相互運用性、必要条件と仕様、実装戦略、Bluetooth SIGとのコラボレーション
- アナリストによるプレゼンテーション:市場の成長と業界の歴史、業種別パネル、ネットワーキング(人脈構築)など

Bluetooth World 2013への参加申し込みは受付中です。詳細については http://www.bluetooth.com/pages/bluetoothworld.aspxをご覧ください。展示コーナーなどへの出展のお申し込みは、events@bluetooth.comに電子メールでお問い合わせください。

Bluetooth(R)無線技術について
Bluetooth無線技術は、幅広い電子機器を簡単な操作で接続することができる世界的な無線標準です。Bluetooth低エネルギー技術を特長とするバージョン4.0は、携帯電話、家電、パソコン、自動車、医療と健康、スポーツとフィットネス、スマートホームなどの領域で新しい可能性を創出します。20億近い年間出荷台数を誇るBluetooth技術は、世界中の開発者、製品メーカー、消費者に実証されたワイヤレスソリューションを提供できる唯一の技術です。Bluetooth SIGは、業界をリードする企業を中心に17,500を超えるメンバーが参加する団体であり、Bluetooth無線技術でのコラボレーション、技術革新、普及推進に取り組んでいます。詳細については、 http://www.Bluetooth.comをご覧ください。

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>
株式会社アクティオ
TEL: 03-5771-6426
担当:有本、眞利子
e-mail:sig@actioinc.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング